SHOW店街ファイナル

今日は、昨日同様『渋谷アリス』お稽古場へ顔を出し、
そのまま制作記者会見へ行って参りました。
記者会見での質疑応答でも、多彩な顔ぶれのコラボレーション、
不思議空間満載な感じで、まさにエンターテイメントの進化・・・みたいな、
非常に抽象的なんだけど立体化した舞台がとても楽しみであるということだけは、
実感した私でありました。
だってだって、休憩時間、お稽古場でコーヒーブレイクをしてる時、
遠くから聞こえてくる、ほんとうに何気に譜面を見つめ、
レッスンしている、ずんこさんの歌声を聴いてるだけで
「すっごい得しちゃってるんじゃないの?私」と思ってしまうのは私だけではないはずです。
というわけで3/3初日の『渋谷アリス』楽しみであります。
さて、その後は明日19日から始まる、中山秀征さんと真琴つばささんの舞台
『SHOW店街組曲』のゲネ撮影に行って参りました。
こちらもまた、恒例の舞台なんですが今回が残念な事にファイナル。
お芝居と懐かしい歌謡曲メドレーオンパレードでとっても楽しかったです。
幼少の頃、学生の頃の歌謡曲は、やっぱり身に染み付いちゃってるのでしょうか?
数々の歌謡曲、沢田研二とかピンクレディーとかリンダとか、
とにかく浮かれてしまいます。
中山さんも真琴さんも元気いっぱいで歌って踊って笑わせて、
スピーディーで華やかな舞台
明日から、こちらもまた楽しみであります。。。。

そんなこんなで今夜も帰宅時間が遅くなってしまいましたが、
海外出張で何度も一緒につるんでいた
編集兼ライター、そして相棒でもある岡ちゃんから、久しぶりに電話をもらいました。
日付変更線超えながらも、長時間仕事の話、かなり真面目に仕事のぶっちゃけ話、
編集とは、ライターとは、カメラマンとは、、、、、、語り合いまして
気心知れてるので何でも話せる仕事の話、語り合ったのであります。
結局長時間の話の締めは「銀座の北京ダック、食べに行こうよ、
香港の時みたいに1羽とスープでいいよね?」という話。
こちらも真面目に語り合い、こんな私達、良い友達であります。

| | コメント (0)

『渋谷アリス』

本日は...と言っても日付変更線大突破ですが
『渋谷アリス』お稽古場の撮影をして参りました。
先日も少し書いたのですが、
この『渋谷アリス』という舞台は、3月3日から7日まで
渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演されるライブパフォーマンスです。
出演は、川原亜矢子さん、姿月あさとさん、中村扇雀さん、などなど異色な顔ぶれが勢揃い。
それぞれの世界で活躍されてる方達がこの舞台で一同に会し、音楽、歌、踊り、舞、
それはそれはてんこ盛りな舞台で、不思議な空間に紛れ込んでしまうという
ライブパフォーマンスなのです。
川原亜矢子さんは、歩いてるだけでも超キマッていて(あたりまえですが)
とにかく美しく素敵です。そして、とっても感じの良い方です。。。。
姿月さんは、ヴォーカリストとしてご活躍ですが、
こういう舞台ご出演は、とても珍しいのではないかと思います。
何気に歌われる歌声に自分のシャッター音、
少々邪魔になっていた私であります。
美しい声は、健在!!!
姿月さんとは、本当にお久しぶりなのでお稽古前、ちょいとご挨拶に伺うと
「なんでここにおるの?」と不思議そうに、当然のようなご質問。
「舞台プロデューサーKさんの釣り竿に引っ掛かりました。」と私。
かくかくしかじか、少々最近のお話などさせていただきました。
相変わらずのあの笑顔も健在!!!エコなずんこさんも発見。。。
このお二人の他には、中村扇雀さん、扇雀さんもホント優しい方のでありますよ!!!
その他本当に多彩な方達がたくさん出演されていて、不思議な異空間の中にも
それぞれのパフォーマンスの技術は極められていて、
まだまだお稽古佳境でありますが、
エンターテイメントの真髄が堪能できる舞台なのではないかと
私もとても期待しているのです。
演出は荻田浩一さん、楽曲協力に槙原敬之さん、、、、
そして川原さん、姿月さん、扇雀さん。。。
新しい舞台、面白い空間、不思議な時間、そんな興味深いこのライブパフォーマンス
皆様、こうご期待です!!!

『渋谷アリス』詳細情報


| | コメント (2)

ケツカッチン

ケツカッチン
文字にすると非常に変ですが、
ケツカッチンとは、お尻に火が噴いてる
まっ、先を急がねばならない非常事態なわけですが
昨日は、まさにケツカッチンの日でありまして
久しぶりに焦りまくっておりました。
お昼から4時半まで個人的な所用。
5時から姿月あさとさん(ずんこさん)と
マテさんの対談を撮影。
だいたい無理な時間帯なのに、仕事を受けました。
だって、ずんこさんは久しぶりだし
撮影したかったんだも〜〜ん。
所用を済ませ、車かっ飛ばし5時には奇跡的に到着。
急いだにもかかわらず、前の取材が延びてるらしく
私達の取材も遅くなり6時近くに始まる予定だと
言われけっこう愕然。
実は、この後、武道館で行われる「黄金の刻」の
リハ撮影に行かねばならず
遅くても6時には出たかったのです。
結局、ずんこさんとマテさんの取材が始まったのが
5時45分、普通インタビュー後とキメカットなんですが
今日は、ケツカッチンなんで、先にお二人の写真を撮影。
ずんこさんとマテさんの気の合った仲良し感溢れる
写真が、爆笑の中で無事に終了。
ずんこさん、マテさんに振り回されておりました。
「ずっとこんな感じ!」と笑いながらずんこさん。
かなりのフレンドリーショットでした。
さて、インタビュー開始。
マテさんとの対談なので通訳さんが入るのですが
ずんこさんは、英語は全然OKみたいで
通訳さん無しでも、さらりと会話しちゃうのが
かなり、かっこ良かったです。
さて、じっくり撮影したかったのでありますが、
なにしろケツカッチン。
さくさく撮って、そそくさと退散いたしました。
後ろ髪ひかれまくりとは、まさにこの事、
しかし武道館へ直行せねばならずハンドルを握る。
通常20分くらいで到着するはずなのに
金曜日の夜ということで
大渋滞、またもや車内で焦りまくりな私。
しかし、なんとか武道館に6時50分には到着。
重い機材担ぎ、武道館の階段を駆け上がり
無事にリハーサルにも間に合い、ひとまずホッ!
3時間弱びっちり撮影してきました。
牧瀬里穂さんの安寿と朝海ひかるさんの厨子王、
どちらも素晴らしかったです。
詳しい事は書けませんが、
終演後は拍手喝采なのではと思います。
こちらの撮影が終了し自宅に戻ったのは11時を過ぎ
データ作業して就寝は3時過ぎ。
「もうこんな過酷な予定をくむのはやめよう!」と思いつつ
なんとか出来ちゃった自分も多少誇らしく?!
フリーなカメラマンとしては、「仕方ないかっ」と
割り切る私でありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

姿月あさとシンフォニックコンサート

今日というか昨日27日は、サントリーホールで催された
姿月あさとさん シンフォニックコンサートに行って参りました。
今年の1月、姿月さん(ずんこさん)の取材撮影の際、
このコンサートの話が出て、「絶対に行きたい」と思っていたのです。
さて、コンサートは、
ずんこさん誕生から現在までの写真を
スクリーンで振り返りながら、
その時に流行っていた歌謡曲を
ずんこさんがオーケストラで歌うと言う、
簡単に書いてしまえば簡単ですが
(物書きでないのでうまく表現できないのであります、ごめんなさい。)
とにかくです、三枝成彰さんプロデュース、服部克久さん、
小六禮次郎さんなど超有名な豪華作曲家の方々10名が
各自2曲づつ、オーケストラアレンジをするという
かなり贅沢なコンサートであります。
スクリーンに映し出される貴重なずんこさんのオフショットも
見ていて微笑ましく
その思い出の写真や、指揮者の大友直人さん、
オーケストラの方達を背中に、
サントリーホールの中央に一人立って歌うずんこさんは、
眩しいスポットライトや、大勢の観客の視線をも
跳ね返し、力強く、心をこめて全曲歌い上げ、
ただただ感動なのでありました。
「歌うために生まれてきた人なんじゃないだろうか」と
ずんこさんを見ながら思いました。
拙い文章で全く伝わらないかと思いますが
帰路、ボキャ貧仲間同士
「ずんこさん、すごいね、すごいね、良かったね」の
連呼なのでありました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

姿月あさとさんを撮影

昨日は、姿月あさとさん(ずんこさん)を取材撮影して参りました。
ずんこさんとは、在団中、退団後、撮影で
何度もお目にかかっておりますが、
昨日も相変わらず、美しく気さくな ずんこさんでありました。
インタビューカットを撮り、インタビュー後の決めカット撮影のために
セッティングを組み直しながら、
ずんこさんの歌に対する情熱だとか、ナチュラルな生活感とか
ずんこさんの話されてる様子を撮影しながら、
「スケールが大きいな〜」とあらためて感動していました。
セッティングも完了、ずんこさんの話を、私もカメラ片手に
聞き入っておりました。
今回は、asahi.comの取材で、動画もありというお楽しみつき、
asahiの小野さんがビデオを準備されてる時、
ずんこさんが、私に向かって、いきなり
『げ〜げ〜げげげのげ〜〜〜♪♪』(アカペラだよ!なんて贅沢なんだ!)
あの名曲?『げげげのきたろう』を歌い始めたのです。。。
私、きたろう世代で
幼少の頃、『げげげのきたろう』大好きだったんで
「げげげのきたろう??ですか?」と言うと
ずんこさん、にや〜〜っと笑って、私が着ているシャツを指差しました。
私の着ていたシャツは、黄色と青のボーダーのラガーシャツ。
「確かにきたろうだっ!!!!」自分で妙に納得、
何も考えずに朝、着たけど
着て来て良かったと、単純に思ったのでありました。
ずんこさんの一言や、笑顔で、取材の雰囲気もいい感じ、
カメラマンの私にとっても、心地よく撮影することができました。
決めの撮影時間なんて、いつもほんの数分だけど、
やっぱり、なにかしらコミュニケーションをとりながら
撮影したいもんです。
でも、それが簡単な様で、なかなかむずかしいんだけど、
ずんこさんは、いつも、うまく遊ばせてくれるので
それが、とても嬉しいのです。
ずんこさんは、3月、サントリーホールでコンサートをされるとの事、
内容等の詳細は、後日asahi.comのインタビュー記事で詳しく
榊原さんが書かれると思いますので、お楽しみに。
また、2月18日放送の「題名の無い音楽会」は、とっても楽しかったそうで
「絶対みてね〜〜」とおっしゃっておりました。
ますます、ご活躍のずんこさんの今後に期待大なり〜〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BUTAKOME | 『DREAM LADIES』 | さだまさし | オーベルジュ | グルメ・クッキング | コウケンテツ | ゴールデンボンバー | タカ アンド トシ | ブルーマン | 上川隆也 | 中井美穂 | 中島亜梨沙 | 中村七之助 | 中村勘太郎 | 井上芳雄 | 伊礼彼方 | 倉本康子 | 内野聖陽 | 凪七瑠海 | 凰稀かなめ | 加藤和樹 | 北翔海莉 | 和央ようか | 城田優 | 城華阿月 | 堺雅人 | 壮一帆 | 大和悠河 | 大空祐飛 | 大鳥れい | 姿月あさと | 安寿ミラ | 安蘭けい | 宝塚 | 宮崎あおい | 山崎育三郎 | 岡田浩暉 | 川原亜矢子 | 平方元基 | 彩乃かなみ | 彩吹真央 | 彩輝なお | 愛原実花 | 愛音羽麗 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 新納慎也 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早乙女太一 | 早霧せいな | 明日海りお | 春野寿美礼 | 書籍・雑誌 | 望海風斗 | 朝海ひかる | 朝澄けい | 杉浦太陽 | 柚希礼音 | 柚希礼音 凰稀かなめ 紅ゆずる | 樹里咲穂 | 橋本真一 | 水夏希 | 沙央くらま | 浅野ゆうこ | 涼紫央 | 湖月わたる | 瀬奈じゅん | 片岡愛之助 | 牧瀬里穂 | 田代万里生 | 白羽ゆり | 真琴つばさ | 真矢みき | 真風涼帆 | 真飛聖 | 福士誠治 | 稔幸 | 紅ゆずる | 紫吹淳 | 美弥るりか | 舞羽みみ | 良知真次  | 藤原紀香 | 蘭寿とむ | 蘭寿とむ 望海風斗 芹香斗亜 | 西田ひかる | 西田敏行 | 貴城けい | 辛源 | 遠野あすか | 郷ひろみ | 釈由美子 | 野々すみ花 | 鈴木砂羽 | 霧矢大夢 | 音月桂 | 鳳翔大 | 麻実れい | 麻路さき | 龍真咲 | 龍真咲 明日海りお