« 2011年9月11日 - 2011年9月17日 | トップページ | 2011年9月25日 - 2011年10月1日 »

人生に無駄な事は無いっ!!!

友人が「写真を撮って欲しい、、、」と言ってきた。
大切な書類に証明写真が必要だと言う。
私「今日はさ、、休日でお休みなんだけど、、、」とか言いながら
しっかりストロボ組んでレフまであてて
鏡まで用意してあげた。
で、撮影。
私なんて自分ちだから裸足&Tシャツでシャッター切ってた。
友人も髪の毛とか直しながら
カメラの液晶画面に写された自分をみながら
「年とった、、、」と愕然としていた。
当たり前だ、、
いろいろ言いながら5分ほどで撮影終了。
そのあとはセレクトしてプリント。
その際、シミとかシワとかホウレイ線とか、、、
大サービスで(^-^;もろもろといろいろ修正。
見違える、若返る、映える自分に友人もハイテンション。
そう言えば、数週間前、女優さんの撮影で修正の作業をかなりして、
あまりに細かな作業に技術の限界を感じ、
かなり苦しく参っていたのだが、
あの時の苦行が?こうしていま、自分の肥やしになってるんだと実感。
友人のシワ取りながら
人生、無駄な事は無いんだと、、、あらためて思ったのでありました。

|

台風な今日は、、、

今日は台風でした、、、どうやら関東は通過なようです。
凄まじい風と雨をなんとか避けながら早めに帰宅の私。
さて本日は月組の明日海りおさんを撮影させていただきました。
今まで何度か撮影させていただておりますが、
明日海さん、今日も可愛らしく、、綺麗で、、礼儀正しく、、
とにかく透明感がある、とても美しいスターさんです。
そんな明日海さんを、
私は、「今日はカッコ良く撮りたいです、、」という旨を伝え、
かなりのハイアングルで撮影。
そんな私の姿が滑稽だったようですが、、、(^-^;
明日海さんとワンカット、ワンカット、確認しながらの撮影で、
その度「はい、はい」とうなづかれ機敏に動く明日海さんでした。
シャッターを押す度ごとに明日海さんの瞳の奥がキリリっとしてきて
「ほんとカッコ良くなってます、、」そう心で思いながら撮影しておりました。
途中で退団された某先輩上級生の話などをするとニッコニコ(*^-^)
愛くるしく微笑まれ「かわいい〜〜〜」明日海さんもきちんと健在。
可愛らしくて柔らかい雰囲気だけど、
心の奥底には、しっかりとした盤石な芯が存在しているんだと思いました。
素直な笑顔も魅力的!!
明日海りおさんの今後の飛躍、期待大でございます。。。。

さて撮影後、今日は皆で写真チェック。
ワイワイ言いながら、広報Iさんと編集Kちゃんとしっかりテーブル囲んで座談会。
お喋りにかなり大輪の花が咲きました。

その後、お世話になっているB事務所に向かいまして
ご挨拶しつつ、お仕事の話とか、最近の近況とか、いろいろと、、、
そこで、、、こちらの事務所でかなりの存在感ある、
可愛過ぎるスター犬を激写。
ブログ掲載の許可いただきましたので(*^-^)
掲載しま〜〜〜〜す。。。

熟睡の図


Sc_0147


無防備の図


_0145


|

心機一転の新規開拓

何故だか最近、、、、、
もう一度初心にかえって「心機一転」な気持ちになっています。
もう少し仕事の幅も広げられたらと、、、
仲間カメラマンと何か出来ないかと、、、
そしてお世話になってる方々にも気持ち新たにと、、、
営業という言葉は、なんか違うかもしれないけど、新規開拓の思いです。
というわけで、自分作品(好きな写真を集めてみただけですが)
フォトブックを作りました。
新しい名刺も、、何パターンもあるんですが、、、作ってみました。
今年末までには、なんとかホームページのギャラリー写真を更新したいとも思ってます。

有言実行でいきたいです、、、、、


_mon5993


|

最初

連休最終日の今日は、麻路さきさんを撮影させていただきました。
実は、、、以前、たぶんブログに書いたと思うのですが、
私が宝塚歌劇団の生徒さんを
取材で撮影させていただくようになって
かれこれ何十年になるのですが、
最初の最初にレンズを向けたタカラジェンヌさんが、
麻路さきさんなのであります。
そう、、、あの青年館の楽屋の一室で。。。
あの時はフリーになりたての超ペーペー、
カメラマンとしてもまだまだ未熟で撮影自体ドキドキ。
そして初のタカラジェンヌさんにもソワソワ。
余裕なんて皆無な青い私がおりました。
でも、今でも鮮明に覚えているのですが、
ゆったりと笑顔で取材現場に来られた麻路さんが、
室内のドアを閉める際、何故だか室外にいた私が入ってくるだろう事を予測し
私が入るまでドアを開けて待っていてくださり優しく微笑まれた、、、
ということが、もう最初っからの大感動で、
背の高い麻路さんが大きな手のひらでドアを押さえ、
その下をくぐる様なかたちで入った私でありまして、
予想もしない出来事に、
私はひっくり返るくらい嬉しかったことを思い出すのであります。
あの時のすっごく良い印象が、
私が宝塚の取材撮影を今まで楽しく続けてこられた一つの要因だと、
確実に言えるのであります。
というわけで、今日の麻路さきさんも
昔と何ら変わらず穏やかで優しくて、
98年に退団されたというので
すでに10年以上も年月が経過してるのですが、
「現役?」と思えるほどの出で立ちでした。
『とにかく本当にいい人』これが私の麻路さきさんを形容する言葉。
インタビューも和やかに、
いまだから聞ける!?という様なお話もあり、
OGの方々の話はかなり興味深く、今日もフンフンと聞いてしまいました。
さて撮影は2バージョン。
今日は祝日なのでビルの空調が弱いか効いてないのかで
室内かなり暑い感じで私なんて汗だくのタラタラだったのですが、
さすが麻路さんは爽やかでございました。
撮影中は、そんな私の麻路さきさんへの思い出話を
凝縮系にて語りまくりまして
麻路さきさんも「いつもね〜〜〜」と微笑まれ、
それがまた母の様な包容力ある笑顔で、
そんな私を覚えていてくださり、また嬉しく、より汗だくだく。
『誠の群像』とか『ハロージョージ』とかいろいろお話しながら
「若かった〜〜〜」と笑顔な麻路さんで
私も懐かしく嬉しかったのでございます。
宝塚時代は華やかなスター街道を歩まれ、
退団後、ご結婚され、お子さんもいらっしゃり、
そして現在も舞台にたたれるというご活躍ぶり。
まさに幸せ独り占めな感じの麻路さきさん。
でも「本当にいい人だから幸せなんだろうなぁ〜〜」と
取材後、帰られる時の低姿勢なご挨拶を見て、さらに実感いたしました。
いつ会っても、同じに素敵な麻路さきさんでありました。

というわけで、
取材後は恒例編集Yさんと
焼肉打ち合わせ、、、みたいなお仕事談議で無事に終了いたしました。
このインタビューの様子は、
朝日新聞ウェブサイト「アスパラ俱楽部」にて連載予定です。

|

« 2011年9月11日 - 2011年9月17日 | トップページ | 2011年9月25日 - 2011年10月1日 »