« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »

なんか、、心地よく極めた感

今日は、、、というか昨日だけど
大空祐飛さんを撮影させていただきました。
大空さんは、やはりキャリアもあるし、、、、
そして何より編集部的にも期待多し。
撮影日のだいぶ前から私は、編集担当Tちゃんに
「こういう感じで撮ってはどうかな?」と写メ送ってみたり、
そして当日の今日とかは「迷いがでてきた、、どうしよ!?」とか
いろいろ試行錯誤を繰り返しておりました。
そう言えば、こちらの編集部は、
柚希礼音さん撮影前日に、肉好きの私のために
「焼肉食べて食べて!!!」とご馳走してくれちゃいまして
「いい写真撮ってくれればいいから(笑)」と
とにかくテンションあげ上手。
有り難い事であります。
さて、今日です。
とにかく私は超現場主義。
さっきまで考えて練りに練った構想を、
そのまま実戦するという事が皆無と言っていいほどで
ライト組んでみても直前で「やーめたっ,,」という事が多々。
アシスタントくん、毎度汗だくであります。
今日も、またいろいろ動いてみて、
T ちゃんも自ら動いてくれて
「なんとかイケるな、、」と実感し大空さん待ち。
またT ちゃんが「いい写真撮ってくれればいいから、、、ねっ」と
こりこりに凝った私の肩をプロ並みの技で揉みほぐしてくれました。
そんな事をしていると大空さんが広報Iさんと優雅に登場であります。
いやいや、なんとも落ち着きのある空気とともにあらわれた大空さん。
スタート前、撮影意図を軽くお伝えし、
テストショットをお見せすると
「はい」とうなづかれ、納得され、気持ちよく、、
そして何より、どんな誌面になるのかをきちんと把握されていて
理解された上での質問を大空さんにさらりとされた私。
「こういう人は、今までで初めてではないだろうか、、、」と感心してしまいました。
そしてレンズの前では、とにかくプロフェッショナルを極めた感覚をビシバシ感じ
ホントに、この私がうなるほどでありました。
これまた、、「スゴいな」と実感、周りの皆も同感。
そして、撮影合間に見せる優雅な空気とシャイ感が ←(シャイな感じですね、、)
実にいい意味でのギャップとなって
何度も書きますが『極めてる』という字が私の脳裏にぷかぷかと浮かんでおりました。
私のつまらない話にも笑顔で答えてくださいまして
この何とも言えない大空さんの空気が魅力の一つなんだと、、、
幼稚な文章で非常に申し訳ないのでありますが
私には、伝わってきたのでありました。
優雅な空気と極めた空気を絶妙にお持ちの大空祐飛さん、
インタビューも絶好調で和やかに。
全て終了後「ありがとうございました」とご挨拶され、
帰られる後ろ姿がナチュラルにこれ又、優雅でありました。
大空祐飛さん、、、深いスターさんであります。。。

というわけで、取材撮影後は、Iさん、Tちゃん、Kちゃんと軽く打ち上げ。
「よく頑張ったよ、、、あけたん」とTちゃんにお褒めの言葉をいただき、
私は、動物のようにガツガツ食べまくり、満腹になったらなったで途中で脱力。
「話に入ってこい!!!」と言われながらも、
脱力ながら、みんなで楽しいひととき。
今日の取材撮影もまた私達にとっての素敵な思い出になったのでありました。


|

『ドラキュラ』

時間が経つのが早い事.....(ノ_-。)
すでに日付変更線突破ですが、一昨日水曜日は、
野々すみ花さんを撮影させていただきました。
わたくし、始めてお会いするのですが、、、
楚々として清々しい印象でした。
舞台を拝見し、野々さんの演技に泣かされてる(というか号泣?!)報道陣は多々,,,
そんな事を伝えると、驚いてらっしゃいましたが実際そうなんです、本当に。
そしてレンズ越しに見る野々すみ花さんは、実に実に女優娘役さんでした。
これは、かなり良い意味で衝撃的でした。
シャッターを切り始め数秒感で、
たぶんレンズの中の世界に入ってしまうと言う、、、
生まれながらの女優魂をお持ちなのだと。
そして素になると実に真正面に正直。
とても素敵な事だと思いました。
舞台に対して真摯でひたむき、一生懸命。
撮影する私の方が圧倒されてしまう様な、、
「とにかくスゴいな、、、」と思ってしまうほどでありました。
今後の野々さんの舞台も注目大でございます。。。。

さて昨日になっちゃいましたが、木曜日21日は、
日本初上演ミュージカル『ドラキュラ』の制作記者会見に行って参りました。
和央ようかさん主演の舞台であります。
耽美で切ないドラキュラな世界、和央さんが退団後初めての男役!
いろいろ話題の舞台で、
制作記者会見が始める前は、会場内が一瞬暗くなり、
フラッシュライトの様な演出が少しあって
ちょっとDLのホーンテッドマンションちっくで?!
かなりドラキュラな世界でありました。
始める前から、ドキドキワクワク感漂っておりました。
和央さんは、現役当時を彷彿させる様な美しい姿で
妖しく切なく色気のあるドラキュラ。
花總さんも、かなり、かなり、美しかったです。
詳細は様々なところで報道されてると思いますので、割愛させていただきますが
フランク・ワイルドホーンさん提供の
和央さんのために書き下ろされた新曲もとても素敵でした。
さて質疑応答の和央さんはドラキュラな姿なのに、お茶目度全開、笑いを取りつつ
和やかな会見となりまして、共演の皆様も楽しそうでした。

追記でありますが、、、
実は、今日会見場に少々早く到着した私。
駐車場から機材を持ってヘーコラヘーコラ間抜け顔で歩いておりまして
会見場の階に到着し、エレベーターのドアが開いたその時、
夢かうつつか、、、和央ドラキュラ様が目の前に!
ちょうどリハが終わられた時間だったのかと思いますが、偶然の偶然。
「あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜お疲れさまです」と、
ドラキュラ様から声をかけていただきまして
わたくしも動揺を押さえつつ「よろしくおねがいしま〜〜〜す」とご挨拶。
和央さんは、いつも元気な挨拶をされる方で
いやいや、今日の一番の衝撃かも知れませぬ。
そうだ、、そう言えばカメラマン席の抽選も
くじ運無い私が5という数字をひき、最前列に陣取れたのも奇跡!
なかなか良い感じでありました。。。

ミュージカル『ドラキュラ』楽しみであります。


_aaa7378

ということで、、、、
今夜中にデータ入校しなけりゃいけないのに
とつとつブログ書いてる私です。
さて気合い入れますか、、、そろそろ。

|

爽快感

今日は城田優さんを撮影させていただきました。。。
実に実に、、、素敵でしたぁ〜〜〜(*^-^)
さて、キメ撮影は3バージョンです。
全ライト使用、一つ消してみて、二つ消してみての3パターン。
私なりに雰囲気を変えて撮影してみたつもりでございます。
城田さんは、かなりの長身、私はかなりのちびっこ。
なので脚立絶対必須であります。
脚立に上って城田さんの目線とかろうじて同じかな、、という感じなのであります。
さて、今日の城田さんは、程よく褐色でワイルドな感じ。
でも話してみると気さくで屈託の無い好青年。
気持ちが、スカーーーーーーーーっ!!として
撮影するたびシャッター音が通常のパシャパシャパシャ、、じゃない
パッキーーーーーンみたいな爽やかな音が私の心に響いておりました。
少々お話をさせていただきながらの撮影で、、、
受け答えも男っぽく敏捷。
笑顔もたまらん、、、たまらんかったです。
とにかく爽快で心地よい撮影でありました。
今日は、男の人を撮影する時に、たま〜〜に使用する
自称(^-^;『メンズライティング』を使って撮影したのでありますが
今日は、かなり、かなり決まりましたです。
かなり、かなりカッコ良かったです。
いろいろとポージングもお願いしましたが
「ぜんぜん、いいですよ、、」と快く聞いて下さいまして
ホントにありがたかったです。
ラストのセッティング最中は、城田さんの鼻歌も聞こえて参りまして
最後まで気持ちの良い雰囲気の中での撮影でありました。
全て終了後、車に機材を積んでたら背後から
「お疲れさまでした〜〜〜」と爽やかや声。
振り返ると快活な城田さんでありまして
私の車の前に駐車されていて、車に乗り込む姿も、また爽やかでありました。
久々、爽快感で満たされましたです。。。

|

よつばのクローバー

友人の誕生日ということで、ホテルでフレンチを、、、
ちょっと豪勢にお祝いしました。
料理はどれもこれも絶品。
伝統と斬新のセンス良い融合、本当に美味しかったです。
私のような庶民の庶民に対しても、心のこもったおもてなし。
申し訳ないくらいの心遣いに感動!!
「お誕生日ということで、よつばのクローバーを添えました」と
お料理によつばのクローバーが添えてあり、
デザートには、ロウソクが一本立ててある小さなケーキを用意していただいた。
食事前にはフランス人の総料理長が各テーブルに挨拶、ニコやかに握手を。
なにもかもが一流のおもてなしだった、、、、

だから一流なのだと、、、、五、六流の私が思いました。

そう、、、つくづく最近思う事。

『実るほど頭のさがる稲穂かな』
〜内容の充実してる人ほど謙虚である〜

昨日のホテルでの心地よいサービス、食事もそうだけど、
実は、帰宅したら一通のはがきが届いてた。
すごくお世話になってる事務所の社長さんからだった。
わざわざのお礼のお葉書。
それも一筆書かれていた。
スゴく忙しい方なのに、、、である。
私なんかに、、である。
そういう煩わしい、些細な事などをご自身でされる人である、、、
だから、、、社長なのだと思った。

そう言えば、某プロダクション社長さんも
私ごときな下々カメラマンに、気さくに話しかけてくださり、
またわざわざ写真を送って下さったりもする。

某雑誌編集長にも、最近お電話を直々にいただいたことがあり、、、

別に社長とか地位のある人たちに迎合してるわけでは全然ないけど、、
そういう人たちほど、なにか、余裕がある。。。
『実るほど頭のさがる稲穂かな』

そういえば、10年以上も前、
真琴つばささん、稔幸さん、ご出演の宝塚舞踊会の撮影のために
大劇場へ行ったことがある。
その時、客席で撮影していたのだけど
私達、東京から来た一般編集&カメラマンに
誰よりも気さくに、一番優しく声をかけて下さったのが、
何を隠そう、、、、春日野八千代さんであった。
「お疲れさまですね〜〜どこからいらしたの?」と、、、、
終わって席を立たれる時も、我々に頭を下げてお帰りになった。
とにかくビックリの一言で、私達は、感動し合った事を今でも鮮明に覚えてる。
『実るほど頭のさがる稲穂かな』

数年前、ある制作会見、懇親パーティの祭、
轟悠さんと偶然にもエレベーターが一緒になった。
すし詰め状態、定員オーバー直前だったので
誰が乗ってるのかわからなかったのだが、
ロビー階に着いて、人がドンドン降りる中、
轟悠さんがドアの開閉スイッチを最初から押されていて
各階、開閉ごとに「よろしいですか?」
最後、我々が降りるまで待たれていて、
「どうぞ〜〜〜〜」と。
降りる直前『轟さん??!!』気付いた、私と友人。
感じよく、気持ちよく、笑顔な轟さんに
私達の方が降りる際、最敬礼してしまった。
「ありがとうございます、、、」

一流には、とてもとてもほど遠いけれど、
志だけでも高く、、、、
よつばのクローバーを見ながら、つくづく感じたのでありました。

_aaa6978


|

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »