2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月29日 (木)

どうにか納めました、、、、

今日28日でどうやら今年の業務、無事に終了いたしました。
風邪が全然治りませぬが、今夜はBLITZ祭?!!でお世話になった
Wちゃんやスタッフの面々と今年ラストの忘年会。
(そう言えば昨日はウォーカー編集チームとIさんと火鍋忘年会でした。)
今日もイタリアンでの楽しい、、
若干皆様お疲れ気味ではありましたが、
開放感と充実感と共に
楽しい締めくくりとなりました。
さてさてBLITZでのライブの模様が
ブタコメにて速報掲載中なのでご覧くださいませ。。。

リビング新聞創刊40周年アニバーサリーライブの速報記事!!

というわけで、
やらねばならない事が追いかけて参りますが、
まっ、すでに抜かされてる気もいたしますが、、気にしない気にしない・・・・
明日は、いろいろと今年の整理をいたしまして
30日から1日までは正月冬眠。
脂肪蓄えて、2日『オーシャンズ11』の初日リハに行ってきます。

2011年12月27日 (火)

BLITZ 祭も終了!!!!

赤坂でのBLITZ 祭!?も 昨日、無事に終了いたしました。
今回の赤坂BLITZ でのライブは、
23日『レ・フレール』
24日『Guys From The Earth』
25日 26日『U(城田優)』
この一連のライブは、主催のサンケイリビング新聞社
リビング新聞創刊40周年の
アニバーサリー特別ライブという華やか企画でありまして
担当者Wちゃんとの久々のお仕事ということで
私も微力ながら撮影に入らせていただいてたわけであります。
23日から昨日までのそれぞれのライブは、
ホントにそれぞれの味で実に楽しく充実でありました。
お客さまの層も反応もそれぞれでして、
しかしながら皆さまの実に楽しそうなお顔を見ているだけで
いやいや私のクリスマスもかなり思い出深い日になりました。
いろいろと書き始めると終わらないので割愛させていただきますが、、、、、
そうです、イブの日は、水さんの『Guys From The Earth』でした。
本当に心あたたまる素敵なライブでした。
水さんのトークがテンポ良くて楽しかったのであります。
そして歌って踊ってる水さんは、
「やっぱりかっこいい〜〜〜」でありました。
終演後に今年のお礼もこめまして、
ごあいさつにうかがいましたが
水さんはお疲れなはずなのにニコやかで穏やかで、
そしてサバサバと感じ良く笑顔な水さん目の前に、
最近疲れきっていて心がすさんでいた私は、
「私にとって最高のクリスマスイブになりました。。。
最近心がすさんでたので、、ほんとっ、楽しかったです!」とお伝えしましたら
「すさんでたの〜〜〜?」と、、、
水さん豪快に笑ってました。
これで救われた私でございます。

さてUこと城田優さんのライブもかなり盛り上がりましたです。
26日は城田さんの誕生日という事でサプライズなゲストやケーキも登場。
私も、あんな上から視線で城田優さんと仲間達&お客様を撮影するとは、、、
「いやいや自分にとっても仰天サプライズだよ」と、、、
今までいろいろな場所で撮影して参りましたが
今年のBEST3に入る撮影でございました。
城田さんライブも本当に素敵でありました。。。
唄も姿も話もとにかく最高でした。

ということで、、、
年末も年末、信じられませんが、
年賀状も昨日購入というあわただしさな私です。
そして、昨日から風邪度アップ急上昇でして、
今日も明日も忘年会。
ヤバい、ヤバい、ヤバい、と思う間もなく
あと数日の2011年を無事に過ごしたいと切に思っております。

最後はミキサー背後から撮影。。。。

_uyu0008_2


_guy0236_2


2011年12月21日 (水)

心も身体も懐も大きいわたるさん。。。

今日は、湖月わたるさんを撮影させていただきました。
わたるさん、3年ぶり、お久しぶりなご対面でしたが、
開口一番「おひさしぶりです〜覚えてますか〜??」と元気全開、爽やか笑顔。
いつも変わらず明るさいっぱいのわたるさんは今日も健在。
わたるさんは在団中から何度も何度も撮影させていただいた事があるのですが
とにかくエピソード満載な方でして、
今日も、また新たなエピソードがたくさん生まれた楽しく愉快な取材撮影でございました。
在団中と変わらないスタイルで、今日はスターブーツでございます。
とてもとても素敵でした。
そして、本当に気持ちの良い方で、常ににこやか、お話も面白く、、、
取材後、編集Yさんと
「わたるさんは、本当に感じが良くていい人だよね〜〜」と言い合う私達でありました。
さて、在団中、私はとても失礼な事をわたるさんに言ってしまったことがあり、、
大劇場でお披露目公演『王家に捧ぐ歌』を終えたばかりの頃、
東京での某制作会見での際、
わたるさんにご挨拶しつつ、私は興奮しながら
「素敵でしたっ!!ラメダス!!!」
するとわたるさんは笑って
「あ〜〜良くある間違え、、ラダメスねっ、、」と痛快に笑って訂正されてまして、、、
いやいや本当に失礼な話であります。。。
主演されてる役名を間違える私が最低なんですけど、
わたるさんは豪快に笑ってらして、、、、、みたいなことがありましたよね、、と
今日、お話ししたら、わたるさん「あ〜〜〜っ、、覚えてる、そんなこともあったね」と
今回もまた痛快に笑ってました。
もうね、、そこが湖月わたるさんの大きさなんだ思います。
身体も大きいけど心も懐もデカイのであります。
ということで、今日は、いろいろなお話を伺えて
私も思わずカメラ置いて聞き入っておりました。
さて撮影では、もちろん全身を含め、いろいろと撮影させていただきましたが
わたるさんの頭の先から指先、足先に至るまで、
そしてもちろん表情、目の力まで
私も存分に享受して撮影させていただきましたが、
わたるさんが退団後、歩まれてきた道が豊かで、
そして心地よい自信を持ちながら着実に歩かれてきてるんだなぁと、、
レンズ越しのわたるさんを見ながら、シャッター切りながら実感いたしました。
たぶん10年後もその先も、わたるさんは変わらないんだろうなぁと、、、
人間的に大きいわたるさんは今日も実に素敵でありました。


2011年12月15日 (木)

宝塚劇場での撮影、今年も無事におしまいっ!!!

今日は、宙組 凰稀かなめさんを撮影させていただきました。
月刊『テレビnavi』の撮影です。(来年1月下旬発売予定!!)
(ちなみに今月号は、明後日16日発売、早霧せいなさん掲載予定です!!)
さて凰稀さん、今公演ではご縁がありまして2度めの撮影。
終演後、お忙しい中での取材撮影で、今日も美しさは極上でありました。
レンズの前では至ってCool Beauty 
毎度の事ではありますが、
変な事を口走る私には、容赦なくつっこみ、柔らかく笑い、緩やかに微笑み、
そして私は、かわされる、、、
凰稀さんの美しさに、まったくもって翻弄されていた気がいたします。
いやいや、今日も本当に素敵でありました。

さて、雑誌の撮影で宝塚のスターの方々を撮影させていただいておりますが、
今年の宝塚撮影も今日の凰稀かなめさんで無事に終了です。
振り返れば、今年もたくさんのスターさんと出会いました。
撮影は通常宝塚劇場内で。
「もう撮ってない場所は無いんじゃない?」と思うくらい
いろいろな場所で撮影してきまして、
毎度毎度、広報Iさんにはお世話になっております。
撮影する前は、被写体のスターさんのイメージをいっぱい膨らませまくって
こんな場所で、こんな雰囲気で、こんな感じで、こんなライティングで、、
その都度考え、現場で念入りセッティング。
レンズ前、スターさんと話し、何かを感じ、、、、
私の撮影はまさに生もの感いっぱいなのでございます。
正直、スターさんに圧倒されっぱなしなら圧倒されてる写真に、、
意気投合なら意気投合風な写真に、、、
まぁ、こう書いていても一概にそうとも言えず、、、
「ダメだ、、心通わなかった、、、」と落胆しても
意外に写真の出来がすごく良かったり、、
「コミニュケーション完璧」と思っても、
上がりがイマイチ、、、まったく逆のパターンもあり、、
だから写真は面白いのだと、、、
今更ながら思うのであります。
撮影ごとのエピソードは、たくさんたくさんあるもので
話せば昼夜トークショーが出来るのではないかと、、、、、(^-^;
信じられないことでありますが、
シャッターを切る125分の1秒一瞬一瞬の
私の記憶というか、感情はすぐその時に戻れるくらい
どんな感情が生まれていたのか、鮮明にしっかりと覚えてるのであります。
人の名前や顔をてんで覚えられない私なのに、、、実に不思議であります。

ということで、今日の凰稀かなめさん撮影のいろいろな思い出は、
しかと私の胸にしまっておきまして、
見ていただいた方々がいろいろな想像を持って
自由にご覧いただけたらうれしいなと、、思っております。

2011年12月10日 (土)

『COTTON CLUB』

昨日は、、、、
お久しぶりです!!!
彩吹真央さんを撮影させていただきました。
確か、、、そうそう『AQUA5』本の撮影の際、
ちょこちょこと撮影させていただいたこともあり、
そんな思い出話とか、皆既月食の話とか、、
世間話なんかをさせていただきながら
撮影も快調、インタビューも和やかに、
とても謙虚な彩吹さんは在団中と全く変わらず、
昨日は、常に笑顔な彩吹さんをホンワカ雰囲気で撮影させていただきました。


さて本日は、、、
東京・丸の内 大人な『COTTON CLUB 』にてファーストライブをされるという
真矢みきさんを激写でございます。
本日10日、明日11日と2日間のライブは全席完売御礼!!!
そりゃそうでしょ、みきさんのライブが楽しくないはずないじゃない、、、でございます。
みきさんライブがファ−スト??ってのも信じられない感じでしたが
実際ファーストなわけで、
在団中、そして現在も笑いのセンスは、超ばつぐ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
リハ−サルを撮影しておりましても、
「妖艶なみきさんに、きっとお客様もため息、、、
こりゃこりゃ笑いもドッカンドッカン、
お客様を歌で酔わせ、存分に楽しませ、ユーモアも満載、
拍手喝采だろうなぁ、、」と撮ってても実感でありました。
とにかく〜上質な粋な大人のライブ〜でございます。
さて、美しいドレス姿のみきさん。
リハ後には「ヨシハラ、ありがとね〜〜〜」と
お忙しいのにも関わらず、声をかけていただきまして(←かなり嬉しいのであります)
常に周りの方々に気を遣い、スタッフさんにも声をかけておられましたです。
あっ、、そうそう今日ももちろんツヤツヤピカピカなみきさんでしたo(*^▽^*)o
ファースト、セカンド、サードとライブなみきさんを
これからも拝見したいと実感いたしました!!!

_cot0002


_cot0001


2011年12月 7日 (水)

空から地上から、、、

今日は早朝も早朝、、6時10分に集合して御殿場のアウトレットへ。
撮影でございます、、撮影は8時過ぎにはスタート。
ということで、朝からモデルの男女、、、頑張ってくれました。
まず、とりあえずロケハンということで
広報Sさんと編集Kちゃんと営業前のアウトレットを闊歩。
青空の中、絶景富士を仰ぎ見ながらテンション上がる上がる、、、
そうです、、わたし、富士山見るとかなりテンションあがる日本人でして
今日も御殿場アウトレットから見える絶景ポジションを広報Sさんに案内していただきながら
「ここでメインカット撮ろう!!」とかいいながら
美しい富士山をお遊び写真でパチパチと撮影。
つかの間、雲がどんどんやってきて、
「山の天気は変わりやすいです!!」と広報Sさんが言うように
見る見るうちに雲行きがあやしくなり、結局絶景富士を見れたのは
ほんのわずかな時間、ロケハンしていた私達3人だけで、
いざ撮影!!となった時には、すっかり雲に隠れてしまった富士山でした。
でも、たまにチラリチラリと見える富士山は、なかなか乙でございました。

ということで直後から曇天、午後には大雨。
最後は土砂振りな感じの中でラストカットを撮影し、
疲れたけど買い物時間は1時間きちんととって撮影無事に終了しました。

さてさて、、一昨日の日曜から月曜まで、
都内を離れて、しばしの休暇を楽しんでおりましたが
4日は機内から、かなり美しい富士山を見ました。
これまた静かにテンション上がってまたまたパチパチ撮影。
空から、地上から、
どこから見ても富士山はやっぱり美しかったのでありました。


機内からの富士山

0001

0002

空から見るのもいいもんです。。。


0003


御殿場アウトレットから『松と富士』絶景ポイントです、、

0004


直線上に富士山、、、これまた美し、、、

0005


2011年12月 3日 (土)

階段2段降りて、、、

今日は、、、というか昨日でありますが、、、
1つ目のお仕事は、映美くららさんを、
2つ目は、凰稀かなめさんを、、、
まぁ、、なんとも豪華なメンバーでございますが
撮影させていただきました。
映美くららさんは、来年の昼ドラ『鈴子の恋』(ミヤコ蝶々さんの一代記)に
主演されるという事での取材撮影。
いや〜〜相変わらず可愛らしく、そして可憐で綺麗で、、、
「不器用なんです、、、、」とインタビューで仰っておりましたが
それもこれもなんだか全部許せる可愛さ、、、←オヤジか?わたし、、、
今回のドラマに対しても真摯にお仕事されてる心意気が気持ち良くて
そしてレンズの前では昔と変わらず可憐な映美さんで、、
『鈴子の恋』期待大でございますよ。。。。

さて2つ目は、宙組の凰稀かなめさんです。
今日は、東京宝塚劇場中央階段での撮影ということで
なかなか普段は撮影しない場所なんですが、
念入りに準備しての撮影となりました。
だいたいの立ち位置決めて編集KちゃんやYさんにチェック。
GOサイン貰ったものの、、、
実際の凰稀さんは、思ったより身長が高く、
2段くらい階段降りての撮影となりました。
凰稀さん、、今日も美し過ぎまして
でもでも茶目っ気もありあり。
お会いする度、毎度毎度、
私がお願いするへなちょこリクエストがあるのですが
今回は、サラリと笑顔で、
ユーモア混ぜ混ぜての返答がかえってまいりまして
思わず私も笑っちゃいましたです。
金髪な凰稀さんは、まるで外人。
近くで見ても外人、、、そして飛び抜けたスタイルと美貌。
そしてニヒルな茶目男?!!?
つかみたいけど、つかみきれない感じが、まさにスターなのだと、、、
美し過ぎる凰稀さんを撮影しながら、わたくし、、実感したのでありました。

ということで、、
月曜日まで少々休暇いただき東京から飛びま〜〜す。。。


« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »