2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« テキサスからニューヨークへ | トップページ | 偶然 »

2011年8月25日 (木)

リスペクトです、、、今日も。

今日は、「お久しぶりです、、、」と言っても先日お会いした様な、、
でも撮影は今年の春、じっくりと撮影させていただいた様な、、、
そんな微妙な時が経ち?!!!
我々カメラマンチーム 汗だくな感じでセッティングしてる所に
ふらりと現れた普段着な真琴さんは、
「その姿を撮りたいっ!!」と思わず私が言ってしまうくらい
ナチュラル素敵に登場。
笑ってましたけど真琴さんは....
ほんとうに、驚くくらい、さり気なく着こなしてるんだから、、普段着!!!
というわけで、さて撮影です。
「今日はココで撮影します、、」そう伝えると
「衣装を数着実際着てみるから、ちょっと撮ってみて」と。
そして撮影画像を見ながらみんなの意見を出し合うという感じでスタート。
こういう流れも真琴さんスタイルであります。
漆黒でゴールドが誰よりも似合う真琴さん、と私は思っていて(今日は特に、、、)
そんな感じで撮影開始いたしまして、
いろいろとテンポよく動いていただき
わたしのくだらん話に失笑されつつ、こっち見てあっち見て、
たまに画像見せて善し悪し判断も素早く、脚立に乗りながら私も必死。
いろいろ撮影していて、途中で真琴さん
「同じ様な場所じゃ、つまらなくない、、?」
「確かに、、、」
素通り出来ることなら出来るのに、そこを言われてしまう私はまだまだ青く、
真琴さんからまた学び、
撮影の背景が見えてしまう真琴さんは、本当にプロフェッショナル。
とにかく撮ってる最中でも、いろいろとアイデアが湧き出るみたいで
「座ったりする?」そう言われ、急遽ライティング変更してみて撮影再スタート。
案外そういうカットが良かったりして、
撮影画像お見せすると「いいじゃない、、」とまた新たに撮影スタート。
真琴さんの助け舟にピョンと便乗しちゃいました。
とにかく今日の真琴さんは、というか今日も、、、
私にとって、尊敬するプロフェッショナルな真琴つばささんでありました。


« テキサスからニューヨークへ | トップページ | 偶然 »