« 2010年12月12日 - 2010年12月18日 | トップページ | 2010年12月26日 - 2011年1月1日 »

ディナーショー

ディナーショーの季節でございます。
そんな世の中クリスマスなこの時期、
19日は真琴つばささん、昨日は和央ようかさん、
本日は田代万里生さんのディナーショー撮影をさせていただきました。
(明後日は、岡田浩暉さん←「コンラッド東京」にて開催!!)

和央さんは、今回、ディナーショーのポスターを、
田代万里生さんは、ディナーショーのちらし、来年のカレンダーの
撮影をさせていただいたりしまして
今年もディナーショー撮影させていただいたのであります。
ディナーショーの際に、いつも思うのは、お客様の幸せなお顔でございます。
そんな至福のお顔を見ているだけで、私までホントに幸せな気分になるのです。

さて、和央さんのディナーショーは、とにかくゴージャス。
和央さんもまたゴージャス、、そしてとつとつとした喋りが面白く歌えばカッコよく、、、
ステージの装置や照明は「ここはコンサート会場?」と思うほどで
2つのミラーボールはキラキラと、舞台は、なんと左右に動いておりました(^-^;
オープニングのレーザー光線にお客様は最初からハイテンション。
来年主演される『ドラキュラ』場面の和央さんは、妖艶で美しくとにかく圧巻。
『ドラキュラ観たいっ!!』そう実感していた私です。

_sun4324

_sun4328


さて、本日の万里生くんのディナーショーは、万里生くんの歌唱力に圧倒されながら
「エリザベートメドレー」などのピアノ演奏弾き語りは脱帽でございました。
汗をいっぱいかきながらの熱唱と熱演。
初めてのディナーショーとは思えないほど爽やかな貫禄も有り、
会場のお客様も大満足のご様子でした。


_dsh6502


舞台袖から熱唱姿、、、(あえてわかりにくい写真にしています、すみません(ノд・。)

_dsh7024

とにかく、わたくし、連日のディナーショー、、、、
私まで心豊かにさせていただきまして
クリスマス気分味わって贅沢な日々なのでございます。

感謝!!!

|

『すみれ刑事の花咲く事件簿』

さぁ!本格的に水夏希さんが始動です。
というわけで、退団後、公の場に出てこられるのは、今日が初という水さん。
本日は、来年3月にCSオンエアドラマ、5月には舞台、
基本となる小説の第一段は今日発売。
そしてDVDドラマリリースもされるという豪華4本立てコラボ
『すみれ刑事の花咲く事件簿』に主演される水さん。
今日は、その制作記者会見に行って参りました。

詳しくはこちらを・・・
スミレLABO

そして水さんは、今後男性4人とユニットを組んでの活動もされるという事で、
(ユニット名→『ガイズ From The Earth』)
今回の『すみれ刑事の花咲く事件簿』主題歌を披露されまして
歌って踊って、そりゃぁ、もう現役在団中の頃の水さんがもっと洗練されて
よりスタイリッシュでかっこ良くて、拍手喝采、記者も拍手、カメラマンの私も拍手。
会場は大盛り上がりでありました。

水さん、普通にめちゃめちゃカッコよかったです。
男性陣のなかでも普通に違和感なく素敵でありました。

ファンの方々も「待ちに待った、、、」と思いますが
待っただけの価値は、有り有りなんじゃないでしょうか(o^-^o)

今後は、きっといろいろな水さんが様々な場面で拝見出来そうな、、、
そんな予感、たくさんいたしました。
とにかくマニッシュでカッコ良い水さんが目の前にいらっしゃいまして
独自の新しい道を、たぶん誰もが歩かなかったであろう、、、
斬新でワクワクな道を歩かれるような気がしました。
今後のご活躍を楽しみにしている一人として、
私も水さんに注目させていただきます。

_sun4090


|

真琴さんの心意気

昨日は、東京宝塚劇場にて撮影。
そして本日19日は、真琴つばささんディナーショーの撮影に行って参りました。
今日は、本番前のリハーサルから撮影をさせていただきました。。
毎年の様に、こうして撮影をさせていただける喜びをホントに感謝しながら
リハーサル中、暗闇の会場を中腰で歩き、ステージ前にスタンバった私。
ステージ上では今日も快調な真琴さんが
スタッフさんと入念な打ち合わせをされておりました。
そんな折、相変わらずの私に気づかれた真琴さん。
私は、ペコリと頭を下げ、小さく「よろしくお願いします」とご挨拶(o^-^o)
するとステージ上の真琴さんは、そんな私に敬礼のポーズ
いやいやその敬礼ポーズが、また右手の角度も完璧で、、、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
実にカッコよく決まってましたです。。。
・・・・で、例の如くテンションハイな吉原と化すわけでございます。
さて、ディナーショーは、
今年も素晴らしく、楽しく、ファンの方も大満足のご様子でした。
とにかく真琴さんのディナーショーは、
常にあたたかくて、面白くて、ちょっとハチャメチャで
そして絶対的にカッコよいのであります。
毎年脱帽しまくりの私ですが、今年もホントに脱帽で感動を超えての撮影でした。
宝塚を退団されて9年だと言うのに、その美貌とカッコ良さを維持されて
ファンの方々を今まで以上にを楽しませる、、、、
これはかなりスッゴい事であります。
会場内、お客様でいっぱいの中を
席と席との間を身体をねじったり椅子にぶつかりながらも、
端から端まで、後ろのほうまで何度も練り歩き、最後はハイタッチ。
お客さまを裏切らず、心の底から楽しませると言うエンターテイメント。
真琴さんの熱意と心意気と情熱が、
現在でも活躍されている根源であると痛感いたしました。
「真琴さんの事を悪く言う人はいない、、、」と誰もが言うように
そんな真琴さんだからこそ今日の様な素敵で
そして、誰もがときめいて、楽しめるディナーショーが出来るのだと
今日また改めて実感いたしました。
心がホットになる本当に素敵なディナーショーでした。
師走感まっしぐらな今日この頃、私も真琴さんに大感謝であります。

_sun2951


_sun2948

|

« 2010年12月12日 - 2010年12月18日 | トップページ | 2010年12月26日 - 2011年1月1日 »