2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2009年1月11日 - 2009年1月17日 | トップページ | 2009年1月25日 - 2009年1月31日 »

2009年1月23日 (金)

14歳の少年

昨日21日は、月組の若手スター龍真咲さんを、
本日は、お世話になっているタレント事務所にて、モデルさんや女優さん、
そして金の卵14歳の少年の撮影を、
その後は、雪組公演『忘れ雪』の舞台撮影を、
雨降る中、かなり駆け足な感じでバタバタと撮影して参りました。
さて、久しぶりの龍真咲さんは数年前の印象とはまた違い、
スゴく大人になった感じでありました。
何も言わないでもポージングがビシッと決まって、びっくりしました。
いやいや、なかなかいないもんですよ、、、お若いのに。
ホントに感心いたしました。
そして本日、面白かったのは金の卵、14歳少年の撮影です。
彼にとってきちんとした撮影は、今日が初めてという事で多少緊張しておりましたが
母親級の年齢のマネージャーさんや私の、
14歳の彼にとっては、顎が外れるようなギャグとか質問にも真面目に答え、
一生懸命レンズと向かいあって頑張ってくれました。
カッコ良く、リラックスしてさりげなく、そして笑顔・・・・
なんて簡単に出来るわけもなく、私達がいろいろポージング指導しても
私達自身決まるわけもなく、
このわたくし、つい最近入手した宝塚某公演のチラシを見せて
「この人みたいにカッコ良く、こんな感じにやってみて」なんて言ってみて
14歳の少年、そのチラシのスターを凝視しながら必死で頑張っておりました。
そんな少年の姿に私達も頑張って、みんな頑張って、少年ももちろん頑張って
初ポートレート、初々しく爽やかに撮影できたと思います。
年月たてば、初々しくなんて頑張っても出来ないのだから
今日は、今日で大満足。
私達も金の卵に期待です!!!

2009年1月21日 (水)

8ギガめいっぱい

今日は、お昼から夜まで撮りっぱなしな気分でありました。
いやいや8ギガ目一杯ですね。。。。
久しぶりに目がかすんでいます。有り難い事です。
日中は、AQUA5関連の撮影を、
夜は中村勘太郎さん、中村七之助さんを、なんとも華やかな一日でした。
AQUA5関連は、また近いうちにブログにて書きたいと思います。
中村勘太郎さん、中村七之助さんは、サンケイリビング新聞社主催の人気イベント
「和文化たしなみ講座」の撮影でありました。
司会は中井美穂さん、こちらも恒例でお二人のトークやゲームで大盛り上がり。
トークが弾んでまいてまいてな感じでしたが、
ファンの方々は大満足だったのではないかと思います。
イベントが始まる前には、お二人を撮影させていただきましたが、
並んで立たれるとホント壮観でありまして、
何気ない兄弟間の雰囲気や、仕草、ひと言、
仲の良い兄弟を垣間みれ、得した気分の私でした。
本当に素敵な兄弟です。。。

というわけで、そろそろオバマ大統領の就任演説なのでこの辺で←お前は、アメリカ人か?
まっ、歴史的な日なので、私も生中継の演説を聞きたいと思います。。。。


2009年1月18日 (日)

島田紳助さん

島田紳助さん!!あの島田紳助さんです。
今日はワクワクというか、ドキドキというか、緊張というか、、、
やっぱりいつもとは違う自分が確実に存在していて
このわたくし、撮影日が決まってから今日の日をとっても楽しみにしておりました。
さて今日の撮影はというと、(先日もこの企画で撮影しましたが)
酒豪編集者Sちゃんの「女子校生の夢を叶える」という企画。
私達、間違ってる?大人が、女子校生のために夢を実現するお手伝いをしましょう!!という
なんとも美しい企画なのであります。
とは言うものの
本日、島田紳助さんに会っていろいろお話が聞けるという事に
当の女子校生より、私達大人が期待していたのでは?と思います。
外見も腹の中も、かなり汚れた大人ですが、
まるで心は女子校生?!純粋無垢な間違ってる大人達の企画なのです。
さて取材の詳細はちょっと書けませんが、
紳助さんに会いたいという夢を叶えた女子校生と紳助さんとの対談は非常に濃いもので
私達も紳助さんの話術にグググいっと、引き込まれておりました。
紳助さんが女子校生に話す姿勢は女子校生だからと言って子供扱いせず、
大人と接するように真剣に話されていて、その姿は真摯で真面目で
時には面白く想像していた通りの熱い人でありました。
私も途中からカメラ片手に話を聞きまくってまして
笑い、感嘆し、時には大きくうなづいてる自分がおりました。←写真撮れよ!!
紳助さんの話は簡単に『面白かった。。。。』なんて言葉では表現出来ないくらい
深く、愛情があって、そして、実に面白かったのです。
取材撮影後の女子校生は、あたりまえだけど顔を赤らめ大興奮。
若干昨夜のお酒が抜けてないSちゃんも(このひとは、抜けてないくらいがいいのです)
そして私も女子校生のプロフィールカット撮影を忘れるほどで
私達もかなり興奮してたのかと思います。
女子校生の夢と言いつつ、私達大人達の夢でもあったのかもしれません。
島田紳助さん
思っていた以上に魅力的でホントに素敵な人でした。

« 2009年1月11日 - 2009年1月17日 | トップページ | 2009年1月25日 - 2009年1月31日 »