« 2009年6月28日 - 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月12日 - 2009年7月18日 »

初マンモ

フリーの身なので定期的に健康診断などしてきていない私。
初めて人間ドッグに行ったのが2年前という、病院奥手な私。
さすがにこれではいけません、、と自分で痛感。
検診のお知らせなど区からのハガキを何度か目にし、やっと重い腰をあげまして
今日は乳がん検診、来週は胃がん検診、子宮がん検診と
時間がある時にせっせと行く事にしました。
さて今日は乳がん検診です。。。。
検診を受ける前にはビデオを見せられ触診、自己検診の勧めなど見て参りました。
ビデオを見ながら医師の前では患者はあまりに無防備であることを実感。
医師の皆様にもたくさんのドラマがあるのだろうと、
そんな事に興味を持ちながら初マンモグラフィーです。
マンモ経験者の友人知人は皆口を揃えて「痛かった」と言っておりましたが、
私の初マンモ。全然大丈夫でありました。
まぁ、このマンモ話もかなり小さなドラマがありましたが、
とにかく手際よく撮影していただきまして無事に終了。
次に医師による問診と視触診。
これこそ、かなり無防備な状況の中、
吉と出るか凶と出るかは、医師はどんな人かで決まります。
同世代の男性医師や超美人な女医もちょっと嫌ではありませんか?
診察室に入った瞬間、私、心の中で「当選!!」でましたです。
とにかく素敵な白髪のじい様でありまして、
かといってすごい じい様でなく、程よいじい様医師でして、明朗に視触診、快活に問診。
かなり気に入ってしまった私です、、、このじい様医師。
マンモが痛くなかったのは「他と違う機種だから痛くないんだよぉ」と
普通嫌みに聞こえる自慢ネタもこのじい様医師がいうと妙に納得してしまうわけです。
このじい様医師に徹底的に乳がんについて教わりまして気持ちよく乳がん検診終了。
良い医師に出会える事は、財産でもありますね。。。って偉そうに思ってしまいました。
私の初マンモ、無事に終了。
30代後半になったら定期的に検診を皆様お勧めいたします。

さてこのマンモグラフィーに関して忘れられない話があります。
以前、根性すわってる酒豪編集者Sちゃん自らマンモを検診、
その様子を私が撮影するという仕事がありました。
私の愛すべき編集者の一人なのですが、
マンモ状況を撮影する私も、マンモに胸を押し付けられてるSちゃんも
非日常な状況下の中、必死でお互いの仕事を全う。
S「寄りも撮ってくださいよ、引きだけでなく」
凄い状況でも私に指示するあの姿に感動しつつ
私「寄りも???」と、とまどいながら
汗だくの私が思わず独り言のようにつぶやいた言葉がコレ。
「どこにピントあわせりゃいいのかわかんないよ?」
その言葉を聞いたSちゃん、毅然と言いました。
「乳首です」
この二人の会話に看護婦さんも笑っていました。
私のマンモグラフィーの良い思い出話です。

冗談ばかりの内容になってしまいましたが早期発見、早期治療が何よりです。

| | コメント (0)

瀬奈さんの退団記者会見

七夕の今日、瀬奈じゅんさんの退団記者会見に行って参りました。
今まで制作記者会見や囲みの会見など、何度も撮影の機会をいただいている私ですが、
退団記者会見に行くのは数十年前に一度行ったきりで、実は今回の瀬奈さんが2回目。
少々緊張しつつ、普段夏は、ほとんどポロシャツ女の私ですが、
「さすがに今日はやめよう」と思ったり、明らかに普段と違う私がおりました。
会見場に到着した私はカメラマンの鉄則、取りあえず場所をキープして準備万端整え、
定刻通り始まった記者会見に白いスーツで現れた瀬奈さんは、
表情もすごく爽やかでありました。
すでにいろいろなところで報道されてるので内容は割愛させていただきますが
この厳か感の中に瀬奈さんの真摯な姿勢が伝わる、すごくいい記者会見でした。
質問に応える際は常ににこやかに、そして丁寧に、寿な話題になると爆笑されておりました。
私、カメラマン、、、質疑応答中に自分も質問したい衝動にかられましたが
(カメラマンが普通に手上げて質問してどうする??)
取りあえず理性はあるので本職を全うしておりました。
自分でもわからないのですが、会見2/3くらいになって、
何故かいきなり私のカメラマンスイッチがON!!
スイッチが入ってしまいまして、席離脱、中腰移動、横から撮る、斜めから撮る、
いろいろ動いていた自分。
『見る前に跳べ』ではないけど
『考える前に感じるまま撮れ』(←これ私のカメラマンポリシー)
ポリシーに忠実になっていた私でした。(あっ、もちろん理性は残っております)
さて瀬奈さんは、「最後の日まで男役を全うしたい」と力強く語られ、
背筋もピンと伸びて、今日も素敵でした。
瀬奈さんを、まだまだ下級生だった頃から撮影させていただいていた私ですが
今日の会見はまた感慨深く、、、、
今まで、いろいろな道を一歩一歩、ひたむきに着実に歩いてこられたのだろうと、
たくさんの夢を私達に届け、これからも真っ直ぐに進んで行かれるのだろうと、
会見終了後の瀬奈さんの後ろ姿を見ながら思った私でした。
フォトセッションも終わり瀬奈さんは、深々と報道陣にお辞儀をし
会見場を去られる時には、大きな拍手が湧きました。
そして普段は最後まで撮影する私が、今日は知らないうちに拍手を。。。。。
皆さんと一緒に力強く拍手をしている自分がいました。
七夕の今日、瀬奈さんの退団記者会見、私にとっても忘れられない一日になりました。


| | コメント (4)

大和悠河さん卒業

今日、大和悠河さんが無事に卒業されました。
初舞台から観ていた私にとっては、あまりに早い卒業、、という気がしてならず。
でも今日の大和さんは最後まで清々しい笑顔でありました。
サヨナラショーはモニターで見させてもらったのですが
全身全霊、髪を振り乱し、力一杯踊る大和さんの姿を見ながら
「これこそ、大和悠河!!」と感慨深く見ておりました。
ここでいろいろと書きたいのでありますが、
今回の様子は、「えるこみ」〜吉原朱美の現場レポート〜にて
詳しくご報告させていただく予定なので、そちらの方をご覧いただければ幸いです。
とにかく最後まで美しく、最後まで男役。
そして最後までプリンスな大和悠河さんでありました。


| | コメント (0)

« 2009年6月28日 - 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月12日 - 2009年7月18日 »