2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2009年5月10日 - 2009年5月16日 | トップページ | 2009年5月24日 - 2009年5月30日 »

2009年5月22日 (金)

ぎょうざ

今日は、午前中、若いタレントさんを初々しく撮影。
きれいに可愛らしく撮影しましたですよ!!
午後は、ぎょうざ店2店舗←美味しかったです〜〜
昨日、水さん、早霧さん、沙央さんを華やかに撮っていたというのに
今日は餃子だよ!明日も餃子、、、
あっ!明日は『グローリーディズ』関連の撮影もあるかっ!!!?
撮影画像データをチェックしていて、さすがに混乱するでしょう?
華やかなスター達のあとのデータが餃子なんだから。。。
でもこんな日々も楽しいではないですか?
というわけで、
遅ればせながら〜えるこみコラム〜VOL.2 現場レポートアップしましたので
ご覧いただけたら幸いです。(ずいぶん遅くてすみません、、
即日仕上げというよりじっくり仕上げですのでsweat02
末永くよろしくおねがいいたします。
現場レポートVOL.2

2009年5月21日 (木)

宝塚雪組「若手スターを囲む会」スペシャル

本日20日は、サンケイリビング新聞社主催、宝塚95周年記念スペシャル
宝塚雪組「若手スターを囲む会」がコンラッドホテルにて行われました。
1998年に始まったこの「若手スターを囲む会」
この記念すべき第一回目のゲストが、今や宝塚をおもいっきり背負っちゃってる
瀬奈じゅんさんと水夏希さんでありまして、
昨年10周年企画と題して「第1回若スタスペシャル」が行われ
スペシャルゲストが瀬奈じゅんさん。
「第一回若スタスペシャル」ブログ記事はこちら。
今回、2回目の若スタスペシャルゲストとして水夏希さん、
そして若手(中堅?)スターとして早霧せいなさん、沙央くらまさんをお呼びして
超豪華で楽しいイベントが開催されたのでした。
参加された事がある方は、おわかりだと思いますが、この「若スタ」
「とにかく一度来てみて、楽しいから」
こんなキャッチをつけちゃいたいくらいです。
私はスタッフとして数年前から参加させてもらってますが、
このリビング新聞主催の若スタイベントは、とにかく楽しく面白いです。
Wちゃん原案企画、笠井信輔アナの司会(←これまた絶品)
そして愛情あるスタッフの面々が作りあげる、
この若スタイベントは、本当に楽しいイベントだと思います。
私も見ながら、撮りながらマジ笑いしてますから、、、、
とことん徹底して作りあげるこのイベント、
それぞれのプロフェッショナル集団の集まりですから、それはそれは、こだわりまして、
最近は私も撮影するだけでなく休日にも関わらず
Wちゃんオフィスに居候な感じで画像や音関係など
まぁ、はたから見れば「あそんでんのか?」と思われがちですが、
とにかくまじめに真剣に作っているイベントなのであります。
さて、開演前には早霧さん、沙央さんの
(このお二人は、リビング新聞にコラムを書かれるそうです)
写真をそれぞれ一人ずつ、最後に2ショットを撮影。
若い二人は笑い声もでっかくて、並んで撮ると「兄弟みたいだね」と
言ってしまうほどの仲良しでした。
楽しいカットが二人のおかげでたくさん撮れました。
数分後には水さんも到着、私も軽くご挨拶。
さすがに水さんは風格と落ち着きがありまして、場が一瞬にしてスターオーラ。
オーラもコンラッド的でした?←どういうこっちゃ!?まっ、コンラッドだからね。。。
このオーラがまたやわらかくって、あたたかいオーラなのです。
やんわり笑顔の水さんに微笑まれ、またテンション上がっちゃう単純な私でした。
さてイベント詳細はいずれご報告しますが、
笠井アナとの楽しいトーク、ゲームやクイズ、そして罰ゲームは、大盛り上がり。
私自身がメチャクチャ楽しんでおりました。
水さん、早霧さん、沙央さんはもちろん、笠井アナ、Wちゃん、スタッフのみんな、
とにかく超多忙な人たちばかり、、
みんなみんな頑張って、そしてファンの方々の笑顔や笑い声になんか感動していた私。
この愛すべき「若手スターを囲む会」
これからもますます面白くなる事間違いなしですので、乞うご期待。
10年前、若手スタートして初々しくご出演されてた
瀬奈さんと水さんが、今や大スター。
若手を応援し続ける醍醐味、味わっちゃおうじゃありませんかっ!!


念入りにスタッフ同士で打ち合わせの図


_dsc0663


2009年5月20日 (水)

『雨の夏 三十人のジュリエットが還ってきた』

今日19日は、お昼から都内ホテルで西川史子さんの撮影。
初めてお会いしたのですが、テレビでの強気な印象は全く無く
スッゴい感じの良い方で、とても柔らかな印象にびっくり。。。
西川先生、宝塚好きだと言う事を知っていたので
編集ライターNちゃんが、気をきかせ、話題ふるふる。
大地真央さんの話で、かなりさかのぼりながらも、盛り上がり、場も和み、
西川先生、写真撮られるの、とても慣れていて、かと言って、慣れすぎず、
シチュエーションがとても良いとは思えぬ現場で
撮影前から汗だくな私でありましたが、
とにかく今日は西川先生に助けられ、
すごくスムーズにシャッターが切れまして、
ふんわり柔らか、イメージ通りに撮影できました。
帰られる際も低調で、腰低く、本当に感じの良い西川史子さんでありました。

さて午後は劇団四季『アイーダ』の制作記者会見。
こちらもかなり盛り上がっておりまして、
ちゃっかり、しっかりお土産までいただいちゃった私。
歌の披露もあり、しばし感動しつつ、
こちらの『アイーダ』もなんだか面白そうな予感大でありました。

090520_012202


さて夜は真琴つばささんが出演されてるシアターコクーンでの舞台
『雨の夏 三十人のジュリエットが還ってきた』を観劇して参りました。
今日もTVナビ編集のFさんと開演前のお忙しいさなか、少々ご挨拶に。。。
相変わらず、舞台以外の姿もカッコいい真琴さん、本日も爽やかでありました。
ガリガリのFさんとほっそりされてる真琴さん。
会話の途中に、痩せたの太ったのの話になると
真琴さん「あっ,嫌味じゃないのよ(笑)」
そういって私を軽く見てニヤッ。。。。
もうお約束ですから・・・
この何とも言えない真琴さんのジャブ。
最近心地よくなって参りましたよ。
真矢みきさんが直球なパンチジャブなら
真琴さんは横からすり抜けてくるようなジャブ。
ほんと、いじられてなんぼですから私。。。。
こうなったらどんどん肥え続けるか?私。
とにかく、今日も心遣いと気遣いの真琴さん、私達におみやをくださいまして
本日も優しい笑顔、私達も大満足でありました。
さて、舞台の上での真琴さんの熱演、きましたね〜〜
今までに無いタイプの役で、一語一語の台詞を聞き逃すまいと私も必死。
真琴さんの熱演に感動し、普通なんだけどかっこ良い、それがすごいと思いました。
私は評論家でもないので何かを論ずる事なんてできませんが、
最後に見終わり、タイトルの字、
「ジュリエットが還ってきた」という
「還ってきた」という字で何かわかったような気がした私でした。←ほんのちょっと。。
Fさんと帰り道、「真琴さん、ほんと、いい人」今日も再確認しあったのでした。

2009年5月19日 (火)

摩耗

昨年暮れの車検の際、「タイヤが摩耗してますっ!」と言われて、はや半年。。。
2.5ミリ溝がなければいけないのに当時1.6ミリ。
かろうじて法廷点検内でおさまっていたのですが
「もう危険です」
私の車の担当よしおかくんに言われ今日タイヤ4本取り替えましたぁ〜〜
取っ替えてどんな走りになったのか、さっぱりわかりませんが
新ピンという点で気分がいいもんです。。←単純
私の車は4輪駆動。いろいろ山道とかも走るのでとにかく絶対なのが4駆なのです。
昨日、また遠出をし、山道を走り、登り下り、120キロほど走行。
溝がほとんど無くなって、釘が刺さった経験ありのこの摩耗タイヤ。
走り納めも完璧でありました。
タイヤというより、この私がすでに摩耗しきってる気がしないでもないのでありますが、
昨夜も眠気と戦いながらか「カフェイン180」とかいう清涼飲料水をグググイッと飲み干し
必死な思いで帰って参りました。

強い味方


090518_174101


さすがに飲み干した直後は眠気すっきり?な気がして爽やか走行、快適ドライブ・・・
(確かに効き目はありましたですよ)
しかし、そう簡単に私の摩耗しきった体力と脳みそは
「カフェイン180」くらいでは効きませんで、
「眠いもんは眠い」なのでありました。

誰か私の溝、埋めてくれないかね?


新品 美しい溝

090518_171401


追記です。。。

さて、リビング新聞WEBサイト「えるこみ」にて
『現場レポート』を書かせてもらうことになった私ではありますが、
ようやく今週末VOL.2がアップされますのでお知らせいたします。
少し前、私のブログでも書きましたが
とにかくこの『現場レポート』を始めたいきさつが情熱女Wちゃんの一言から。
「とりあえず出発してしまおう」という感じで始まったわけですが、
速効性を重視するのはやめて(他社スポーツ新聞サイトさんにお任せする事にして)
「私達は、ゆっくりじっくり進行で写真と私の拙いコラムをお届けしようではないかっ」
ということなりました。
というか、それが最善策ということに気づいてしまった感情女の私達なのであります。
(私達、けして思考タイプの人間ではないので仕方ありませんです。)
ですので、即日仕上げというより
じっくり仕上げ進行で写真とコラムを
えるこみ『現場レポート』にてお届けできたらと思いますので
末永くよろしくおねがいいたします。

ものは言い様・・・・・ですね。


« 2009年5月10日 - 2009年5月16日 | トップページ | 2009年5月24日 - 2009年5月30日 »