2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

撮影場所

今日は最後のハンバーグ取材を浅草で、、、
またまた凝りもせずガッツりいただきご飯まで食しました。
3種類のソースがかかっていて私が一番好きだったのはデミグラスソースのハンバーグ。
「これが一番好きです!」元気に言ってみたところ、
シェフ「これは男性の方に一番人気ですね!」
・・・って、おいおい、私の味覚は男なのか!?なんてつっこんでみましたが、
チーズソースもトマトソースも和風ソースもどれも美味しかったです。


3種類のソース

_dsc0090

さてその後は、東京宝塚劇場にて霧矢大夢さんを撮影させていただきました。
今日の霧矢さん、爽やかでとても素敵でありました。
毎回撮影場所をどうしようか?と悩むのですが、
今日は2階客席で撮影する事にいたしました。
なぜか、「そこで撮りなさいよ!!」とかいう天の声が聞こえたのであります!?
広報Iさん「終演後だから客席暗くなっちゃうかも」心配をしてくれまして
私「そしたらそしたでなんとかライティングする〜〜」とか
器デカイ発言してみたものの、こうなったら運次第です。
さてHくんに駆けずり回ってもらいライティングほぼ終了、そしてほっと一息。
2階席から舞台上を見ると今日は舞台のスタッフさん達が
照明器具のお手入れなのか、点検なのか、数人でやられてまして、その姿をみながら
「こういう裏方さん達の力で舞台は成り立っているんだなぁ」とあらためて思いました。
ということで、舞台スタッフさん達のおかげで客席も明るい状態をキープ。
インタビューも無事に終了し、霧矢さん登場。
立ち位置を伝え「こんな感じで」とお願いしながら撮影スタート。
霧矢さんの了解する「はい、はいっ」というお返事はすごく切れが良くて気持ち良いです。
さて、準備万端、私がカメラを構え始めたその時、
霧矢さんが何げなく発した一言。。。。
「こういう劇場の中とかで撮影するの、好きですよ」
この霧矢さんの思いがけない一言、私はかなり嬉しかったです。
そしてすごく救われた感じがしました。
(大げさかもしれないけど、感情でシャッター切る女は敏感なのです)
撮影場所に苦労したという事もあるし、そんな事を言ってくれる霧矢さんに感謝でした。
思わず1ポーズだけのつもりが「もう1ポーズ、お願いします」と頼んでしまいました。
液晶画面を見せながら「こんな感じです」とお伝えすると
的確に私の撮影意思を呑み込み、レンズの前でも完璧な霧矢さんでありました。
この撮影媒体は月刊TVナビ、来月号掲載予定です。

舞台スタッフさん、和やかにお仕事の図

090729_175301


こんな感じで撮影、、


090729_175401


090729_175501


2009年7月29日 (水)

フルーツ三昧

今日は朝からフルーツ三昧。
マンゴーにパパイヤ、パイナップルにキウイにグレープフルーツ。
マンゴーもペリカンマンゴー、メキシコマンゴー、アップルマンゴーなどなど。
撮影している者として、マンゴーの見分けがつきませんでしたが
とにかくカラフルでフルーティ、とても楽しい撮影でした。
いつもお世話になってる西本貿易さんのギフトカタログの撮影で
担当のUさんとあぁだこうだと言いながら小道具使ったりして頑張ってきました。
撮影後は、ペリカンマンゴーの試食、そして帰りには
たくさんのフルーツを私、アシスタントのHくんにもいただきました。
帰宅して食べたアッツプルマンゴーは、甘くてすっごい美味しかったです。
また来週にも撮影があるので、マンゴーの見分けかたくらい勉強しておかなきゃいけません。

ここは、出店か?(Uさん、地味にマンゴーを拭くの図)

P1050756

2009年7月28日 (火)

そしてハンバーグ

金曜土曜で目一杯ハンバーグを撮影し(というか試食し食べまくり)
今日 月曜日でラスト取材と思っていたのですが、
ありがたい事にまた水曜日に撮影がありまして・・・・・嬉しい限りなのですが、、、
土曜日の段階では
「もう見たくもないハンバーグ、二度と食べませんハンバーグ、ひき肉が身体から溢れ出てきてます」
そんな状況なのに日曜日は何もかも忘れて夜、焼き肉を食べにいった私。
とにかく焼き肉最高!ほんと、どうなの?こういう私?
そして今日もハンバーグを撮影してきたのでした。
明日は貿易会社でマンゴーフルーツの撮影。
いい具合ですね、お腹具合も。
大食漢な私には絶好調な撮影でございます。

今日のハンバーグ

P1050752


2009年7月25日 (土)

ハンバーグ ハンバーグ ハンバーグ

今日もハンバーグ三昧であります。。。
今日のハンバーグ、特に門前仲町の『3匹のこぶた』さん、美味しかったですね〜〜〜
「ハンバーグもいいけどお肉のたたきを食べに来てさいよ、びっくりしますよ!」と
シェフに言われて、今度是非プライベートでと心に決めましたです。
なんせ心底肉食動物なので、わたし。。。
撮影は「ジュージュー臨場感溢れる写真が欲しい」という編集者からの依頼。
なので、もう火とか顔面にあっても怖いなんて言ってられないほど
至近距離で撮影しておりました。
ハンバーグのジュージューな感じを撮影するのは、けっこうは難しいもんです。
さて撮影も終了、次のお店に行かねばならないというのに、
ライターDさんと何が何でも試食タイム。
Dさん、すでにこの取材で15食連続ハンバーグですが、
美味しいもんだから食べてました、そして私もいただきました。
そして明日も目一杯ハンバーグ、たぶん週明けもハンバーグです。


こういうお肉から作られるハンバーグ、、、、

_dsc0050


シェフ達もすごい協力的!

P1050749

試食〜〜


P1050747

次のお店でもこんな感じで試食、こちらも美味

_dsc0362


2009年7月23日 (木)

まりおくん

今日はテノール歌手・俳優の田代万里生さんを撮影させていただきました。
昨年ミュージカル「マルグリット」でミュージカル俳優としてもデビューされた まりおくん。
先月の春野寿美礼さんイベントの際もお会いしましたが、
若いまりおくん、朝から爽やか、元気いっぱいでありました。
撮影中、何げなく聞こえてくるまりおくんの歌声は、のびやかで本当にすばらしく、
ピアノにむかえば鍵盤を軽やかに叩き歌い、
それでいてレンズの前では自然に振る舞えちゃう、、、、
「持ってるん人なんだなぁ、、」と痛感しました。
室内、屋外とバリエーションを変えていろいろ撮影しましたが、
いつでもどこでも気持ちの良い まりおくんでありました。

_dsc0386

さて撮影後は夕方から、またいろいろ検診してまいりました。
時間のある時にせっせと行かねばと思い、今日も頑張ってきました。
待ち時間2時間、、、人気の病院なのか毎回かなり待たされます。
堪忍袋の緒も切れかかり、短気な自分、さすがに人相が悪くなっていたのか
ちょっと老けた受付嬢、何度も「ごめんなさいね、、、お待たせしてすみません」と
私にだけ言うのであります。他にも10人以上同じように待ってるのに。
って、どんだけ私の人相悪かったのか???
検診結果よりそっちの方が気になります。

倉本康子さん

今日はインテリア収納術などで先生としてもご活躍、
モデルそしてタレントの倉本康子さんを撮影させていただきました。
「もう倉本先生って呼んじゃいます」と思わず言ってしまうほど
整理整頓、収納の達人、サバサバしていて明るくて、とっても素敵なスタイル美人。
私の部屋のこと、昔、家庭教師のお兄さんに「雑然としてるね」と言われた苦い経験あり。
(雑然としていて何が悪い???とにかく整頓下手なこの私。)
これから何度か倉本康子さん、撮影の機会があるのですが、
とことん学ばせていただきたいと思います。
今日はその後、納品に出かけまして、免許とりたてアシスタントのHくんに
強制的に「運転しなさい」と過酷命令。
助手席で「こんな素敵な歌が流れてるんだから頑張って〜〜」と能天気な私に
必死なHくんは「吉原さん、いっつもこのCDじゃないですか?」と軽くつっこまれながら
Hくん都心初体験なのに新宿やら麹町、けっこう初心者には厳しいルートをお勉強。
「こわいっ〜〜〜す」と半泣き状態でありましたが頑張って到着しました、とりあえず。
「これも愛の鞭だよ!!」しかし新宿の大ガード下はキツかったですね。
クラクション数台に鳴らされるも、誰だって最初は怖いもんです。
そして夜は仕事仲間と銀座で飲み会。
19時から24時過ぎまで爆裂トークでありました。
明日早いのに遊んでしまった、でも楽しいひととき、リフッレッシュいたしました。

2009年7月22日 (水)

ハンバーグ ハンバーグ

今日は朝からハンバーグの撮影でした。
朝から手ごねハンバーグ、デミグラスソース、鉄板ジュージュー、
テンション上げていかなきゃハンバーグに負けちゃうよ!!!
だというのに何故だかノレないまま撮影。
別に体調が悪いわけでもないのに低気圧な感じで、動きも緩慢なまま撮影しておりました。
(あっ、かといって不真面目に撮影してたわけでないのです。)
そう言う日もたまにあったりします、、、人間だからね。。。。
そう言えば2日前、真琴さん撮影直前に愛用カメラを落下したりしてまして
今日もストロボ本体ガツンと倒れかけました。
モデリングは切れたけど取りあえず本体は無事発光。
人生、小さくブルーになる事、数知れず。。。
そんなこと100万回繰り返し、その分喜びは1億倍だと超前向きに考える自分。
とにかく朝からハンバーグ、午後もハンバーグ、週末もハンバーグ。
結局撮影後は、普通に試食してる自分に「いつもと変わんないじゃん」と思いながら
今日も無事にハンバーグ撮影終了いたしました。


ランチじゃありません、、撮影しました、きちんと、、、そのご試食の図


P1050744


2009年7月21日 (火)

さまざまなシチュエーションでも・・・

昨日、今日の2日間は、とにかく真琴つばささんでありました。
FCイベントの撮影をさせていただきつつ、合間の時間を使いましてオフショットの撮影など
もういろいろな出来事がありまして、頭の中、収拾がつかない未熟な脳みその私←残念!!
昨日は本日の撮影の打ち合わせを兼ねてご挨拶に会場に伺うと、楽屋裏廊下でバッタリ!!
「あら、吉原さんだ!!」こんな一言にも喜び溢れる単純女な私。
(なかなか名前って覚えてもらえないとです。。。)
打ち合わせではいろいろロケハン画像をお見せしながら撮影の話を、、、
なんとなく段取り掴んで「明日よろしくね〜〜」と笑顔で言われ、
そのままイベントを拝見しつつ撮影もしながら普通に笑って楽しんでいた私。
いつも思う事ですが、本当に楽しくて面白くてあたたかなイベントであります。
さて本日はお昼の部イベント終了後(次のイベント開始まで90分も無い状況です)
事務所の社長さんの車に同乗させていただき、千鳥が淵近辺、超炎天下の中で撮影。
私の頭の中もまだ撮影のイメージがわかない状態、、
とにかく真琴さんと普通に横断歩道とか渡ってるこの状況にも混乱気味な私でしたが
アシスタントHくんのレフも効きすぎるほどきいて眩しい真琴さん、
相変わらず様々なシチュエーション、アイデアが湧き出るご様子で上ったり下りたり
本当にいろいろと動いていただき助けられ、まずは日中の撮影無事に終了。
その後、4時からのイベントも絶好調の真琴さん、客席多いに盛り上がっておりました。
最終日、最後のイベントも大好評で終了し、あたたかいファンの方々に見送られて、
すぐまた私達は夜の部撮影現場へと直行です。
「オープンカフェとかで撮影したいです。」そう私が昨日お願いすると、すぐに即断即決、
話をまとめてくれた真琴さん、、、こういうところが、またかっこいいです。。。
さてカフェでの撮影もいろいろと面白い事がありましたが、
(ダルメシアン3匹連れて散歩してる見知らぬ人に話しかけ、
急遽撮影許可いただき撮影とか、
九官鳥に話しかけちゃったりする真琴さんとか、、、)
書き出すときりがないのでこの辺で。
撮影一段落すると「ここで食事しましょう」となりまして
事務所の社長さん、真琴さん、私とHくん。。。
私達、カメラマンチーム、すっかりご馳走になってしまいました。
「真琴さんは今日はずっと走りっ放しね、」そう社長さんが言われたように、
真琴さん、まさに独走激走快走状態。
さぞかしお疲れだと思いつつ、カフェでも様々なアイデア満載、、、
面白い写真、いっぱい撮れました。
とにかく真琴さんは四の五の言わない、動きも俊敏な人なのです。
撮影後は、ちょっと皆さん脱力なのか、のんびりされて、
お話は多岐に渡り、聞いてるだけでも面白かったし、
私なんかも偉そうに「あると思います、そう思います。」みたいに
なんか同調したりしてスゴい楽しい時間でした。
25週年にむけて、すでに走り出してる真琴さん、その勢いと熱意と努力は、かなり上昇中。
今年も楽しみだけど来年ももっと楽しみな予感、いっぱい感じました。
帰り際「どうもありがとね〜〜」と真琴さん、私達も精一杯お礼を伝えそれぞれの車へ。
社長さん、、真琴さんと別れてからHくん、ここまでの状況に
「なんか信じられないっす!!」しみじみ言っておりました。
だから私、言いました。「100年早いよ、マジで(笑)」

「でも、真琴さん、ほんとかっこいいよね。。。」二人で大納得でした。

千鳥が淵近辺での真琴さんの影

_c0595


2009年7月19日 (日)

賢い犬

今日も撮影、、、犬の撮影、、、、それもかなり賢い犬。
「こんな商品があるんかい?」というような商品でありまして
クッションで出来ている犬の踏み台?みたいな・・・階段?みたいな・・・
それを使って椅子にのぼれたりしちゃうよ、、、みたいな商品。
よくわかりませんが、このクッションに上り下りして行きたいところに行き、
そして楽しく遊ぶわけです、ワンちゃんが、、、、
さて今日のワンちゃんがかなり賢くて階段の途中でも動かずカメラ目線。
坂の?途中でも我慢して動かず止まってカメラ目線。
ワンワンとか一回もないてなかった気がします。
「ではでは次は、止まらず動いてるカットを撮りましょう」ということで、
階段に上ってたり、坂を下りてたりしてるところを撮影。
ワンちゃん、かなり頑張って動いてくれました。
ただカメラマンの私がついていけず
(だって階段3段、坂だって超短いのでありますよ。犬のだからね、、、)
編集Sちゃん私を睨みつつ「あらら、今のはワンちゃんは頑張りました、、、
カメラマンの責任です。。。カメラマンさ〜〜〜〜ん(笑)」
ワンちゃんにむかって『ごめん、もう一回』そう懇願してる私って何??と
まぁいろいろありましたが最終的には、ワンちゃんと私、気持ち一つになりまして
賢いワンちゃん、賢そうな楽しそうなカットが撮れたので大満足です。


こういう商品です。

_dsc0473


2009年7月18日 (土)

人力車

今日は、谷中、根津、千駄木(谷根千というらしい)近辺の撮影。
最初はメチャメチャ美味しいお蕎麦屋さん、三里さん。
撮影後に少々試食させていただきましたが、とてもとても美味しかったです、鴨せいろ。
こちらのお店は、是非プライベートで行きたいと思いました。
その後、アイス最中などを撮影し、いったん解散。
夕方過ぎに再集合し今度は上野近辺を人力車絡めながらの撮影。
この人力車、目の前で見ると、実に軽快で乗せてもらった編集Sさん
「気持ちいい〜〜」の連発でありました。
まっ、私は風切る人力車を追いながら必死で汗だく撮影なのですが、
上野公園内、後ろ向きで闊歩しながら頑張って撮影しておりました。
日が暮れてからは、夜景な感じでいろいろと撮影しまして
今日の撮影も無事に終了。
久々の外ロケ、暑さと湿気に耐えながらも気持ちよく充実な一日でした。

わたしも乗りたい・・・・・

_dsc0291


2009年7月17日 (金)

洸平くん

今日というか昨日16日は、洸平くんを撮影して参りました。
洸平くんは?・・・というと、 先月ミュージカル「グローリーディズ」で初舞台。
絵も描いて曲も作って歌もうたってしまう、
ペインティング・シンガーソングライターとして活躍中!!
若いのにマルチなアーティストくんです。
とにかく洸平くんの歌声は、聞き惚れてしまう美しい歌声なのです。
さて今日は、暑いさなか、太陽の照り返しで我々クロヒョウ仲間のWちゃんと私は
ナメクジ状態でありましたが(年のせいでもある
洸平くん、本当に頑張ってくれました。
洸平くん、ぎんぎら太陽まぶしすぎて目が開けられず、、、くしゃみも出ちゃうという
(以前、こういう人いました、、、、、、伊礼彼方さん!!)
過酷な状況でありましたが、愚痴の一つも言わず私達の注文にも前向き笑顔。
私がアシスタントのHくんを叱り飛ばしてると(←あっ、これも深い愛情でありますよ)
洸平くん、Hくんに「頑張って〜〜〜〜」とエール。
なんだか老若男女な現場でありましたが、撮影も順調に進み、
なかなかの仕上がりになったと思います。

洸平くんに興味のある方はこちら。。。
オフィシャルサイト


さて撮影終了後は打ち合わせ、そしてHくんと二人で勉強会。
パソコン前に、熱心に勉強です。
「使用写真は吉原さん撮影のお気に入りの写真で勉強しましょう、、、」
こういうのが、カメラマンの楽しいひととき。
勉強もはかどるってもんです。ホントか??


さて夜は、美味しいケーキをいただきました。
品川駅構内にある Q.B.G ル・パティシエ・タカギ にて発売中。
「プラレール」という長さ50センチのケーキです。
この「プラレール」は電車をかたどった特大ケーキ。
ただいま限定販売中だそうで、私はてっちゃんではありませんが、
とにかく見た目も楽し、贈り物にも喜ばれそうな長くて美味しいケーキでありました。


P1050702


2009年7月14日 (火)

バリウム

胃がん検診でバリウム飲みました。
カプセルみたいな中に入って言われるがままに回転させられゴロゴロと、
「右向け、左向け、回転して、息とめて、、、はい、もう一回横向いて、
そのままで息止めて、頑張って、、、」
「いじめかこれは??」と若干思えるほど業務的な医師の声でしたが
検診月間な私、真面目に検診受けております。

さて、久しぶりにワンちゃん撮影して参りました。
パグ犬です。
こちらのワンちゃんもすこぶる元気でかなり突進されました。
カメラバッグ物色は当たり前、カメラめちゃめちゃ舐められましたが、
犬、大好きな私、楽しい撮影でありました。。。。


目は口ほどにものを言う。。。。。?

_dsc0661


2009年7月13日 (月)

脱帽

10日の金曜日、月組公演初日『エリザベート』の舞台稽古と囲み会見に行って参りました。
なんだかいつもより、かなり多めの報道陣に驚きながら、
『エリザベート』の世界にどっぷりと入って撮影して参りましたです。
周りのシャッター音、今までに無いくらいの連写音の嵐。
それだけでも自然と気持ち高ぶりながら、
私も心地よいリズムに乗ってシャッターを切りまくり
ゲネ後の囲み会見でも切りまくり、、、、
瀬奈じゅんさん、トートを目の前にしながら
目線をいただき、静かに視線が動いてピントが合うと、これまたドキリとしたりして
「閣下、、美しい!!」この一語に尽きましたです。
会見場を去る姿も、また颯爽と素敵でありました。

さて本日12日は真矢みきさんです。
昨年暮れに撮影させていただいてから今日まで、なかなかお目にかかれず
今日半年ぶりに撮影の機会をいただきました。
撮影前にちょっとご挨拶にうかがうと、
「あら〜〜〜ひさしぶり、、、よろしくね〜〜〜」と笑顔で言っていただき
すでに私の心、鷲掴みされそうになってるところに白いシャツを着ていた私に
「白いシャツ、爽やかじゃないの」
もし赤いシャツ着てたら「情熱的じゃないの」
黒いシャツ着てたら「シックじゃないの」
たぶん、みきさんはそう言ってくれる方で、
この何でも無い一言でホントに心躍ってしまう私でした。
すでに、みきさんの手の平の上、みきさんマジック。
何気ないみきさんの(ご本人、そうたいして深く考えてらっしゃらないと思いますが)
こういう一言とか、小さな気遣いとか、これがみきさんの周りに人が自然と集まり
人を引きつける魅力の一つなんだと実感。
何でもない話題だけど、私みたいな凡人に声をかけ、話しかけるって、
普通なかなか出来ない事だと思います。
その後、私のシャツのマークに「コレは何?」
マネージャーさんが「ラルフローレンですよ」そう言うと
「ラクダかと思った、太ったラクダ。。。」
事務所の方々との打ち上げの際、皆はシャンパングラス、
私は車なのでウーロン茶を手にしていると
「ブランデーね」
カメラを持っているので乾杯できないでいると
「目で乾杯するのね」
もう「・・・なわけないっしょ!!」突っ込みどころ満載なわけですが
この頭の回転の速さと機転と笑えるセンスと周りへの気遣いと、そして美しさと、、、、
あらためて、みきさんの魅力に翻弄されました。
まだまだ話題はてんこ盛りなのですがこの辺で、、、、
久々の真矢みきさんは、やっぱり凄かったのであります。

2009年7月10日 (金)

初マンモ

フリーの身なので定期的に健康診断などしてきていない私。
初めて人間ドッグに行ったのが2年前という、病院奥手な私。
さすがにこれではいけません、、と自分で痛感。
検診のお知らせなど区からのハガキを何度か目にし、やっと重い腰をあげまして
今日は乳がん検診、来週は胃がん検診、子宮がん検診と
時間がある時にせっせと行く事にしました。
さて今日は乳がん検診です。。。。
検診を受ける前にはビデオを見せられ触診、自己検診の勧めなど見て参りました。
ビデオを見ながら医師の前では患者はあまりに無防備であることを実感。
医師の皆様にもたくさんのドラマがあるのだろうと、
そんな事に興味を持ちながら初マンモグラフィーです。
マンモ経験者の友人知人は皆口を揃えて「痛かった」と言っておりましたが、
私の初マンモ。全然大丈夫でありました。
まぁ、このマンモ話もかなり小さなドラマがありましたが、
とにかく手際よく撮影していただきまして無事に終了。
次に医師による問診と視触診。
これこそ、かなり無防備な状況の中、
吉と出るか凶と出るかは、医師はどんな人かで決まります。
同世代の男性医師や超美人な女医もちょっと嫌ではありませんか?
診察室に入った瞬間、私、心の中で「当選!!」でましたです。
とにかく素敵な白髪のじい様でありまして、
かといってすごい じい様でなく、程よいじい様医師でして、明朗に視触診、快活に問診。
かなり気に入ってしまった私です、、、このじい様医師。
マンモが痛くなかったのは「他と違う機種だから痛くないんだよぉ」と
普通嫌みに聞こえる自慢ネタもこのじい様医師がいうと妙に納得してしまうわけです。
このじい様医師に徹底的に乳がんについて教わりまして気持ちよく乳がん検診終了。
良い医師に出会える事は、財産でもありますね。。。って偉そうに思ってしまいました。
私の初マンモ、無事に終了。
30代後半になったら定期的に検診を皆様お勧めいたします。

さてこのマンモグラフィーに関して忘れられない話があります。
以前、根性すわってる酒豪編集者Sちゃん自らマンモを検診、
その様子を私が撮影するという仕事がありました。
私の愛すべき編集者の一人なのですが、
マンモ状況を撮影する私も、マンモに胸を押し付けられてるSちゃんも
非日常な状況下の中、必死でお互いの仕事を全う。
S「寄りも撮ってくださいよ、引きだけでなく」
凄い状況でも私に指示するあの姿に感動しつつ
私「寄りも???」と、とまどいながら
汗だくの私が思わず独り言のようにつぶやいた言葉がコレ。
「どこにピントあわせりゃいいのかわかんないよ?」
その言葉を聞いたSちゃん、毅然と言いました。
「乳首です」
この二人の会話に看護婦さんも笑っていました。
私のマンモグラフィーの良い思い出話です。

冗談ばかりの内容になってしまいましたが早期発見、早期治療が何よりです。

2009年7月 8日 (水)

瀬奈さんの退団記者会見

七夕の今日、瀬奈じゅんさんの退団記者会見に行って参りました。
今まで制作記者会見や囲みの会見など、何度も撮影の機会をいただいている私ですが、
退団記者会見に行くのは数十年前に一度行ったきりで、実は今回の瀬奈さんが2回目。
少々緊張しつつ、普段夏は、ほとんどポロシャツ女の私ですが、
「さすがに今日はやめよう」と思ったり、明らかに普段と違う私がおりました。
会見場に到着した私はカメラマンの鉄則、取りあえず場所をキープして準備万端整え、
定刻通り始まった記者会見に白いスーツで現れた瀬奈さんは、
表情もすごく爽やかでありました。
すでにいろいろなところで報道されてるので内容は割愛させていただきますが
この厳か感の中に瀬奈さんの真摯な姿勢が伝わる、すごくいい記者会見でした。
質問に応える際は常ににこやかに、そして丁寧に、寿な話題になると爆笑されておりました。
私、カメラマン、、、質疑応答中に自分も質問したい衝動にかられましたが
(カメラマンが普通に手上げて質問してどうする??)
取りあえず理性はあるので本職を全うしておりました。
自分でもわからないのですが、会見2/3くらいになって、
何故かいきなり私のカメラマンスイッチがON!!
スイッチが入ってしまいまして、席離脱、中腰移動、横から撮る、斜めから撮る、
いろいろ動いていた自分。
『見る前に跳べ』ではないけど
『考える前に感じるまま撮れ』(←これ私のカメラマンポリシー)
ポリシーに忠実になっていた私でした。(あっ、もちろん理性は残っております)
さて瀬奈さんは、「最後の日まで男役を全うしたい」と力強く語られ、
背筋もピンと伸びて、今日も素敵でした。
瀬奈さんを、まだまだ下級生だった頃から撮影させていただいていた私ですが
今日の会見はまた感慨深く、、、、
今まで、いろいろな道を一歩一歩、ひたむきに着実に歩いてこられたのだろうと、
たくさんの夢を私達に届け、これからも真っ直ぐに進んで行かれるのだろうと、
会見終了後の瀬奈さんの後ろ姿を見ながら思った私でした。
フォトセッションも終わり瀬奈さんは、深々と報道陣にお辞儀をし
会見場を去られる時には、大きな拍手が湧きました。
そして普段は最後まで撮影する私が、今日は知らないうちに拍手を。。。。。
皆さんと一緒に力強く拍手をしている自分がいました。
七夕の今日、瀬奈さんの退団記者会見、私にとっても忘れられない一日になりました。


2009年7月 6日 (月)

大和悠河さん卒業

今日、大和悠河さんが無事に卒業されました。
初舞台から観ていた私にとっては、あまりに早い卒業、、という気がしてならず。
でも今日の大和さんは最後まで清々しい笑顔でありました。
サヨナラショーはモニターで見させてもらったのですが
全身全霊、髪を振り乱し、力一杯踊る大和さんの姿を見ながら
「これこそ、大和悠河!!」と感慨深く見ておりました。
ここでいろいろと書きたいのでありますが、
今回の様子は、「えるこみ」〜吉原朱美の現場レポート〜にて
詳しくご報告させていただく予定なので、そちらの方をご覧いただければ幸いです。
とにかく最後まで美しく、最後まで男役。
そして最後までプリンスな大和悠河さんでありました。


2009年7月 3日 (金)

穏やかぁ

あの電撃的な結婚発表以来です、、、春野寿美礼さん。
本日、撮影させていただきました。
ふら〜〜りと現れた春野さん、「よろしくおねがいしますぅ」
いつにも増して笑顔で謙虚な姿勢、本当に頭が下がります。
さて撮影はと言いますと、アシスタントHくんと あぁだこうだと悩みながら
3回ほどセッティングを変更し悩みつつ、最後になんとか決まりまして
二人して汗だくになりながら、Wちゃんが持って来てくれた
タリーズコーヒーを飲みながら春野さん待ち。
インタビューも和やかに進み撮影場所に現れた春野さん、ホントいい感じでした。
先日の衝撃的な話をしたりしながらいろいろお話させていただき、
今日もまた柔らかムード全開でありまして、
ワンポーズ、そして又撮りたくなっちゃって2ポーズ目を急遽お願いし
椅子に座っていただいたリいたしまして撮影。
その座ってる姿が何気に決まっていたので
「決まってますね〜〜!!家でもそんな感じですか?」冗談でそう質問してみると
笑いながら軽く首を横に振り春野さん
「家ではこう」そう言って座り直してやってくれました。
家での椅子に座るポーズ?1
その姿、かなり決まってました、そしてかなりかっこ良かったです、、、そして皆で大爆笑。
そんな感じで今日もとてもいい雰囲気の中で撮影が終了。
最後の最後までホンワカムード、いい流れでありました。
今日の春野さん、すごく穏やかで公私ともに充実され、今後のお仕事にも意欲的な印象。
「穏やかだぁぁ〜〜」とにかくこの一言が私の心に残りました。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »