2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

風船

今日29日は、住宅展示場の撮影。
いかにも連休初日な感じのぽかぽか陽気、
家族連れが多い住宅展示場でアットホームを感じながら
まっ、強制的にシチュエーションを作りながら?!
午前中から撮影して参りました。
住宅展示場主催者サイドの方々も、
不景気な今、どうにか入場者を集めるために
無料手作りクレープや、木工体験コーナー、そして子供が喜ぶ風船サービスなどなど、、、
風船欲しさに子供連れの家族を呼ぶわけです。
そんな大人の事情を知らない子供たち、
風船片手に走り回りまくっておりました。
そういう子供たちほど、風船が手から離れていくわけで、
空高く吹っ飛んでしまう風船の数々。
親子必死で風船追いかける図、いやいや見ていて微笑ましかったです←ホントか?
とにかく今日は良い天気、澄んだ青空。
我々取材陣も一見冷ややかな視線を送ってたかもですが、
真剣に住宅展示場での撮影、しっかり仕事をしてきました。
澄み渡る青空に飛んでいく風船仰ぎみながら
『切ない.....』
そう思ったのは私だけではないはず。
しかし、あの風船、実に気持ち良さげに飛んでたなぁ。。。
私もふわふわ飛んで行きたいよ、
そんな事を思いながら今年の連休突入です。


_dsc0753


2009年4月27日 (月)

安蘭けいさんの卒業

本日は、実に実にめでたい1日でありました。
午前中は中村勘太郎さん、前田愛さんの婚約会見を、
夕方からは安蘭けいさんご卒業、サヨナラ会見とパレードを、
昨日一昨日の雨の寒空から一転、大晴れ女の安蘭けいさんにふさわしく
ぽかぽか陽気、心浮かれる足取りで、本日も朝から気合い十分頑張って参りました。
勘太郎さんと愛さんの幸せ気分をたくさんいただき(というより吸い取り?)
夕方からは安蘭けいさんの卒業の1日を熱気と共に撮影して参りました。
しかし今日の報道陣もまた多かったです。
終演後の、記者会見では気合い十分、わたくし、目の前で撮影させてしていただきましたが
安蘭さん、実に晴れやかで、すがすがしく本当に達成感な笑顔をされてました。
見ていてこちらも幸せ気分になるような100%な笑顔でした。
質疑応答では、いつもの様にちゃんと笑いも取る返答、報道陣もドッと受けまくり、
私もお腹の底から笑う事多々、さすがであります。
悔いなくて、やり遂げて、そして前に進む。
全ての人からの愛を全身に受け止め、夢をとどけ続け、偽りの無いホントの笑顔。
美しかったですね〜〜
フォトセッションでは、私も相変わらずですが、
「とうこさん!こちらお願いします」と呼びかけ笑顔な目線をいただき、
そして微笑む安蘭さんに又シャッターを切りナイスショット。
さてパレードでは、安蘭さんの登場までなかなか時間がかかりましたが、、、
最終の新幹線に乗れなくなってしまった関西のカメラマンさんや、
「最終で入れられないよ」と嘆くスポーツ新聞のカメラマンさん達などなど
報道関係者もあの報道スペースの中で様々なドラマがあったりしながら
私は編集ライターのFさんと寒さに耐えながら高揚な時間。。。
77期の最後のスターを見送る同期の皆様に見送られ、
ようやくファンの前に現れた安蘭さんはまたまた超満面の笑み。
熱狂し絶叫するファンの方々に振り向いたり、振り返ったりの大サービス。
そのたびに歓声につぐ歓声、
眩しすぎるフラッシュに「まぶしい」と目頭おさえて笑わせる一幕もあり、
ピースもしちゃう余裕の安蘭さんにカメラマンも必死で叫び
私も頑張って声張り上げて撮影いたしました。
最後の最後までファンの方々に手を降る安蘭さんの姿をみながら
「この人は本当に幸せな人だ」と実感。
フラッシュと歓声の中の安蘭さんの後ろ姿が、
笑顔に見えたのは私だけではないはず。
寒さも吹っ飛ぶサヨナラパレード、素敵なサヨナラでした。

いいですね、、こういうのも。。。


_dsc0997


2009年4月26日 (日)

挨拶は大事だ!

今日は、ミュージカル俳優の今井清隆さんFCの撮影をさせていただきました。
今井清隆さん、私は今日が初対面だったのですが、
一言で大きな方でありました。(体はもちろん、心もですよ!!)
何曲か歌を歌われたのですが、圧倒されました。
聴き惚れてるファンの方々と一緒に私も聴き入っておりました。
イベントは、とてもアットホームで和やか、皆さんとても楽しんでる様子でした。
こういう時、ファンの方々の嬉しそうな楽しそうな顔を見てるだけで私は心躍ります。
「今井さんの舞台を観てみたい」と素直に思った私です。
今回、スタッフの皆さんが、とてもあたたかく、初現場な私ではありましたが
とても心地よく撮影させていただきました。
今井さんときちんとご挨拶できずにイベントが始まってしまい、
お忙しい方なので最後までご挨拶は出来ないかな?とあきらめていたのですが、、、、
(というか、最近の現場では、ライターとかカメラマンを
きちんと紹介してくれる現場仕切りがいないのです。。
まっ!紹介なしだと自分から行くけど、、、
現場仕切りがそういうことしないでどうする?←ここ数年の怒り)
あっ!!失礼いたしました
さて今回、イベント仕切りの黒服Oさん、
帰り際、もう出発状態の今井さんの所に行き
「ごめん、ちゃんと紹介してなくて」そう言って、
「カメラマンの吉原さんです」と今井さんにご紹介していただきました。
今井さん、びっくりするくらい腰の低い方で笑顔で深々と
「ありがとうございました。」と、、、
私の方が恐縮してしまうほどでありました。
私は技術より,ホントに気持ちで撮るタイプなので、
やっぱりご挨拶したり、言葉を交わすだけでも違うものなのです。
なんかすごくすっきり、気持ちよい現場でありました。
今井さんは、今年の暮れまでノンストップで舞台にたたれるそうで
私も負けずにノンストップで行きたいもんです!←止まってばかりだっ、最近

2009年4月24日 (金)

筋肉発達度

今週は、わりとのんびりしてるので・・・・・
フリーの身で、こんな悠長なことを言ってちゃいけないのですがっ、、、、、
このわたし、18歳からほぼ毎日、車での生活、そして超運動不足。
今まで、ジム通いも3日坊主なみで続かず、最近危機感を感じてる今日この頃、
最近自宅近辺に有名なスポーツクラブができたので
「いっちょ、会員になって時間のあるときに汗でも流すか?」←自分初期化です。
奮起した私、そそくさと説明を受けにスポーツクラブへ行き、
数分後には、入会申込書にハンコを押しておりました。
とにかく考えるよりは直感女な私、白か黒かハッキリしてる性分で
「シロ!!!ここのスポーツクラブ良かれ」と即決したのでありました。
で、急遽館内を案内してもらい、
取材でライターさんがいつも聞いてるようなことを、
いかにも聞いちゃったりして、話もけっこう盛り上がり←初対面
「それでしたら体組成分析カルタをお作りしましょう」ということになり
なんか体脂肪とか計れる、すごい性能のいい機械みたいなのに乗って
計ってもらったわけです、いろいろと。。。
数分、裸足で体重計みたいなのに乗り、なんか握るだけで
胸部や腕周り、筋肉量とかいろいろ、測定されちゃうわけです。
驚きですね、、、、
それで、なにより私がびっくりしたのは(他も、多々、びっくりする数値でしたけど)
筋肉発達度つうんですか?それが体全体標準以上、
それも腕が異常に発達しておりました。
腕に比べて足はそうでもないのですが、とにかく腕の筋肉がね。。。。
まっ、だからカメラや重い機材が持てるということで
「この筋肉からして天職でしょ?カメラマン」と思ったり←才能じゃなくて筋肉かよ?
とにかく筋肉発達してるんだから、
脳みそ、もっと発達させて、他も発達しなけりゃいけなくて、
このジム通いが吉と出るよう頑張ります。。。

これが私の筋幾発達度評価の図

090424_001002_2


2009年4月21日 (火)

西田ひかるさん

今日は、西田ひかるさんを撮影させていただきました。
西田さん事務所のスタジオで何色かのバック紙を使用して
椅子とかの小道具を使ったり、ちょっと外で撮影したり、、、、
私は今日が初対面の西田さんなのですが、
可愛らしくて美しい人・・・という第一印象でありました。
ヘアメイクや衣装によってキャリアウーマンな感じ、可愛らしい感じ、
知的な雰囲気もあって、撮影していても楽しかったです。
そしてまたしても、西田さん、即断即決の機転の早さ、
「こんな美しいママがいたらたまりませんね〜〜」と内心思いながら
西田さんの動きや表情にすごく助けられて、スムーズに撮影。。。
撮影中は、事務所の社長さん、メイクさん、みんなでアットホームな撮影現場。
カット数も10カットはいきませんでしたが、いろいろな色の西田さんを
撮らせていただき本当に凝縮な時間、有意義な撮影でした。
撮影途中、西田さんからいただいたチョコレートのお菓子で糖分補給。
元気になって最後まで頑張れたのでありました。


2009年4月18日 (土)

初期化

ということで、昨日アップルに行って重傷Macを直してもらったと思っていたのに
相変わらずの重傷で、今日も再度行ってきました、銀座アップル
学習したので昨夜のうちに、アップルサイトから受付時間を予約をしたので
非常にスムーズな流れでありました。
なんたってGENIUS BARですからね、カウンターですよ、カウンター、
まさにバーカウンターのようなところに、5、6人座れる椅子があり
それぞれ自分のMacの診断をしてもらう訳です。
今日のお兄さんも優しい人でありまして、私の訴えをキーボードを叩きながら
手際よく聞いてくれました。
で、いろいろやってくれましたが、結局最後に一言、、、、、、
「初期化するしかないですね〜〜」
「初期化...ですか?」
かなり愕然なわたし。。。
初期化って、よくよく考えるとけっこうキツいです。
「まっさらって訳でしょ?いままでのデータとかどうすんの?」
当然のようにバックアップを勧められましたが、
今回はかなり重傷なのでバックアップもできない状態なのでした。
初期化って簡単に言うけど、膨大な量、入ってるソフト、
もう一回再インストールするんでしょ?
今まで、こまめにアップデータとかいろいろしてきたのに。。。。
すげ〜〜〜大変なんだけど、、、超うんざりっす。
でも、まっ、仕方ないです
というわけで、今回の初期化で思ったこと、、、、、
これを機に自分も初期化するか?リフレッシュ初期化。
人生このへんで、ちょっと気持ち入れ直し、邪悪な心ちょいと捨て?!
心機一転初期化して、このわたし、今後も頑張る所存であります。


「重傷」

金曜日、、、蒲郡から数日、なんだかいろいろあった。
大きい事ではなくて小さい事だけど、なんか気忙しい毎日。
そんな今日は、作家さんのインタビュー撮影。
先日、酒豪編集者Sちゃんを訪ね「仕事をくれ〜〜〜」と訴えたら
即、連絡をくれたのである。←有難いことだ、感謝。
この女、まっ!通称、大人の事情で仕事をする敏腕編集者。
「借りは作っておくべし?!(笑)」が最近のキメゼリフ。←冗談
そんなSちゃんと久しぶりに仕事をし、楽しく笑えるひと時、爽快な撮影。。
良い週末である、、、といいたいとこだが、
愕然とすることや、気分の落ちる事も多々あり、「気分わりぃ!」
「まっ、前に進もう!」と思いつつ
昨日から愛用のノートパソコンMacが不調。
何もしていないのに急に不調、、、急遽銀座Appleへ行くと、
予約が必要という事で予約をし、今日撮影前にみてもらう事に。
いやいやここのApple、ほんとオシャレで素敵なところ、なんか「気分いいっ!」
いろいろみてもらって、ブルーのAppleTシャツをきたイケメンなお兄さんが一言。。。
「重傷ですね、、、」
私「マジかよ?」と内心思いながら
お兄さん「お預かりしてOSを再インストールし直しましょう」
私「げげ、、、再インストールはキツいっす(涙)でもでもよろしくお願いします」と
大事なMacを預け、恥ずかしいパスワードまで教えて預けてきたというのに
結局完治されておらず、また再治療になってしまった、、、トホホ。
そんなブルーな今日、嬉しい事があった。
アシスタントのHくん、、、、去年の暮れからの付き合いなのに
私の誕生月が4月ということを、どこからか知って
今日「お世話になってるのでほんの気持ちです」とお菓子をくれた。
いやいや嬉しいではありませんか、、、
すっごい年の離れたHくん、
私からの苦言や文句や忠告や嫌みに耐えて、よく頑張ってます。
「いずれ、私に仕事いっぱい持って来てください!」
とにかくいろいろあった今週、、、、
プラスマイナスして+
良い週末でした?!

Appleにて診察券みたいなもの?

P1050250


Hくんからのプレゼント


P1050252


つけたし
都内で好きな道路ベスト3にはいる二重橋近辺の内堀通り(ほとんど、横見てます)

P1050249

今日は曇っていました

2009年4月14日 (火)

蒲郡

蒲郡に行って来ました、、、がまごおりです、愛知県の蒲郡。
早朝6時過ぎの新幹線で豊橋まで行き、東海道線で三河大塚駅下車。
降りた事も無い駅でありましたが、ほのぼのいい感じでした。
「なんで、そんなに早く行くのかっ?」・・・・つうと
お客様が利用する前に撮影終了しなければない、エステ、スパ関連の取材だったからです。
古〜〜くからの仕事仲間、お上品ライターのSさんと眠い目こすりながら
頑張って行って来ました。
早朝なのにしゃべり倒して、あっ!という間に豊橋着。
名古屋は仕事や遊びでよく知ってる土地だけど、
愛知県蒲郡って何が名産なのかもわからず、とにかく到着。
駅には広報さんにお出迎えいただき
僅かな時間内で無駄口たたかずサクサク撮影、とりあえずこなして参りました。
ここのスパ、とにかくロケーションが最高!!
ここは日本の蒲郡なんて思えないほどの絶景でありまして
目の前には海と停泊してるヨット群、青い空、
「ここはニースか?」と思うほど素晴らしかったです。
「ゆっくりされたらどうですか?」という広報さんの甘いお誘いに私達誘惑されながら
撮影後のわずかな時間、最高のロケーション、海風にあたり、しばしリゾート気分、
ホントに心地よく気分爽快でありました。
ということで、撮影も早く終了したので、自称食にはうるさいSさんと私、
「せっかくだから豊橋、蒲郡名物でも食べてお土産買って帰ろう!」という事になり
広報さんに名物をきいてみると
「私は地元の人間ではないのですが、、、」しばし考え
広報さん「名物は、そうですね、、、ちくわですかね」
「ちくわ・・・って?」
苦笑しながら私達、ちくわを胸に秘めながら豊橋まで戻り
駅ビルのお土産コーナーに直径1mほどのちくわのオブジェに
少々ゲンなりしながら、何も買わずに東京に舞い戻って参りました。


_dsc0684


2009年4月11日 (土)

AQUA5の本

ワニブックスから雪組ユニットAQUA5の本が出版されました。
タイトルは『AQUA5』です。
私も微力ながら、非常に地味ではありますが、
このAQUA本の撮影に参加させていただきまして
たくさんの貴重な体験をさせていただきました。
ということで少しではありますが、ここで感想を!
私は、舞台写真、水さんと早乙女太一さんの対談、
AQUA5の座談会、そして密着撮影を担当させていただきました。
六本木ヒルズアリーナでのイベントからレコーディング、
そしてTBS「うたばん」や「ドリームプレス社」ロケの密着撮影などなど、、、
いろいろ楽しかったのではありますが、
特筆すべきは、やはりロケ密着であります。
早朝のテレビ局打ち合わせから始まり、点々とスポット紹介、
日中にも関わらずAQUA5の皆さんと街を散策。
水さんが街を颯爽と歩き、横断歩道を渡ってるという現実に、
ある意味驚き撮影している自分、←これもかなり驚き。
そして日も暮れてスタジオでの収録。
水さんを中心に このAQUA5の皆さんは、いつも元気、
「疲れを知らないのか?不死身か?」と聞きたいくらいパワフル、
そして本当に仲が良くて、にぎやかで、楽しげで、
しかし、仕事する時はメリハリつけて決めるとこビシッと決めて、
とにかくかっこいい人たちでした。
密着をし始めて最初の頃、私は水さんに言った事があります。
「水さん、カメラ向けられて嫌だったら遠慮なく言って下さい。その場は退散しますから」
そう言うと水さんは意にも介さない様子で、笑いながら笑顔でうなづき、
その後、何度も何度も密着の機会がありカメラを向け続けましたが
水さんはじめ、AQUQ5の皆さんは、撮影を拒否する事は1度も無く
疲れも日に日にたまってくるというのに、疲れてるはずなのに、
ピースや笑顔をたくさんくれたAQUA5の皆さん、
とにかく頭が下がりました。
水さんの仕事に対する真摯な姿勢を身近に、
そして肌で感じている4人の方々は、水さんをたぶんすごく自然に見習っているのだと、、、
とにかく本当に素敵な5人、うまく調和のとれたAQUA5なのだと痛感したのであります。
語り尽くせない事だらけではありますが、
私にとっても、とても印象に残った数々の撮影でありました。
一昨日、ワニブックス本社に行き、編集の青柳さんといろいろと語って参りましたが
青柳さんも達成感な清々しい表情をされておりました。
とにかくいろいろあったけど、楽しかったと語り合いまして
青柳さん、企画、執筆の岡村さんの多大なる尽力に脱帽。
偶然にも今日岡村さんと数ヶ月ぶりに対面、こちらも爽やかな笑顔、
そして、なにはともあれAQUA5の皆さんに
私も感謝の想いでいっぱいなのであります。

ワニブックス オンラインストアへ

P1050237

2009年4月10日 (金)

年月

今日は朝からいろいろと動いておりまして、
運転しながら散り際の桜を見上げては春爛漫、夕暮れの月もとても美しかったです。
能天気な様ではありますが、仕事をきっちりしております、一応。。。。
夕方にはワニブックス書籍編集のAさんを訪ね、ひとしきり談笑。
取材秘話を語り合い、すごく、楽しい時間。
その後、上がりを納品しながら、お世話になりっぱなしのB事務所に顔を出し、
ご挨拶かねて皆様と爆笑談義。
皆様、笑顔で迎えていただき嬉しい私。
いつもお忙しい社長とも今日は、お話させていただきとても充実。
本当に有り難い事です。
夜は仕事でお世話になってるkさんと焼肉大会。
穴場的な隠れ家の様な、ソウル生まれのお母さんが元気なお店で韓国焼肉本場の味。
和牛『ざぶとん』と言われる部所(どこだか良くわからん)を勧められ
炭火でジュージュー、嘘無しで真面目にホント、メチャクチャ美味しかったです。
いつものごとく、たらふく食べて大満足な私達。
思えば若い頃・・・・
自分に余裕が無く、いつも気を張って、かなり背伸びして、頑張って走り続けた20代。
さすがにフリーカメラマン歴10●年以上、
この数年は、仕事でお世話になってる人達と
気取らず、気張らず、楽しんで、心ゆくまで笑い合え、
夢なんか語り合えちゃう時間が持てる事、かけがえなの無いひととき。
それだけ年月が経ったと言う事だけど、この年月と仲間は私の財産。
感謝しつつ、大切にしたいと心底思った1日でありました。

今日も桜は美しい。。。


P1050227


いやいや月も美しかった。。。

P1050234

2009年4月 7日 (火)

「その男」

先日、上川隆也さんの撮影をさせていただいたのですが、
昨日は、上川さんが主演される舞台『その男』(東京芸術劇場)の撮影に行って参りました。
ゲネ前には、囲み会見がありましたが、先日とは全く違う雰囲気、
すでに幕末な和装で上川さん、とてもかっこ良かったです。
演出はラサール石井さん、共演に平幹二朗さん、内山理名さん、豪華なメンバー勢揃い。
舞台上での上川さんは、剣さばき 切れ味するどく、撮影はかなり至難の業ではありましたが
撮影してる私もすっかりタイムスリップな感じで幕末気分になっておりましたです。
TVとは違い目の前に幕末な舞台が広がってる面白さ、実感しました。
撮影後は、TVナビ編集 お馴染みのFさんと、またまた長時間なお食事タイム。
「まかされる」「まかせる」プロフェッショナル論を語り合い?!
ちょっと真面目な仕事の話とか、くだらない話とか、ミーハーな話とか、
なんかいろいろ語り合い、充実な時間を過ごしたのでありました。

2009年4月 4日 (土)

春爛漫

春爛漫、桜満開、そんな入学式日和の昨日は、某大学の入学式の撮影。
ここ数年、毎年の様に撮影してますが、
今年の新入生はおとなしめの様な気もしないでもなく、
ですが、在校生のサークル勧誘は凄まじいものがありました。
入学式が終わり新入生が講堂を出るや否や在校生はチラシ片手に戦闘態勢。
仕切りのロープもむなしく、全く意味の無いただのロープになっておりまして
新入生はもちろん、撮影中の私ももみくちゃのド真ん中、、、
殺気だってる人の渦の中に入ると、なんか怖い自分がいるのを認識したりしました。
さくさく撮影を済ませ、もろもろ用事を済ませ、
「桜、満開だからドライブがてら、九段の方まで行ってみよう!!」
軽い気分で桜田門から三宅坂あたりを走りはじめると桜田門くらいから大渋滞。
まっ、当たり前と言っちゃ、当たり前、
ぽかぽか陽気に誘われて人もたくさん出ておりました。。。
途中であきらめればよかったのだけど、桜満開の季節なんて年に数日、
渋滞が死ぬほど嫌いな私でありますが、前向きな気持ちで発進。
ですが、やはり千鳥が淵を中心に車の列、列、列。。。
九段まで抜けるのに相当な時間がかかりましたです。
降りて写真でもパチりと思っていましたが、途中からすでに不機嫌モードになった私。
窓越しに片手でパシャパシャとウンザリ顔ではありましたが桜に群がる人と車を撮影。
とは言っても、やっぱり桜は大好き、日本人を感じる今日この頃、、、、、
桜が散ると青々とした緑の葉が出てきて新緑の季節、
「これからが勝負です!!」ちょっと気を引き締めたりしました。


P1050206

P1050202_2

2009年4月 3日 (金)

演じる....

今日は俳優の上川隆也さんを撮影させていただきました。
局の殺風景な一面鏡ばりの会議室、超限られた短い時間、かなり過酷な状況。
撮影前から「どうしよ?どうしよ?」と迷いつつ、
いろいろ考え続けていたのでありますが
現場到着するや、予想以上に、味の無い会議室←(ここの会議室思い出の会議室だけど)
愕然とする暇もないまま、しかしそんな事は言ってられず、
ライティングするにもどうにも納得できず、腑に落ちず。。。
ではありましたが、撮影直前、ホントになんとかライティングも落ち着きまして
インタビューを済ませた上川さん、すごく穏やかな笑顔で登場。。。
とにかく、今日は上川さんに感謝の日。
私は、上川さんとは初対面なのですが、ほんの少しお話しさせていただき撮影。
レンズ前の上川さん、とても低調に、とても自然に、とても心地よく
まるで芝居を演じるようにキメていただきました。
こう言う感覚、初めてで、とても刺激的でした。
役者さんの底力みたいな、それもナチュラルで、不思議な感覚。
撮ることの面白さをまた再確認させてもらえた撮影でもありました。


2009年4月 1日 (水)

トライアングル

データ作業とかで追われる日々、、、寝る時間がすでに夜明け。。。。
何故か夜が更けるに連れて元気になってしまうこの身体、、、、どうにかしてくれ!?
さてそんなことは、どうでもいいです。
昨日31日は、パルコ劇場で上演されている『トライアングル』を観てきました。
井上芳雄さん、新納慎也さん、彩乃かなみさんご出演。
私の幼稚な文章では表現出来ませんが、とにかく楽しい舞台でした。
3人の軽快な芝居とハッピーな歌やダンス、
笑いましたよ、、、かなりお腹のそこから笑いました。
懐かしい数々の音楽に酔いしれ、ほろりとさせられ、本当に楽しかったです。
観劇後、WちゃんとNちゃんとの談笑盛り上がりまして、
時間とお財布に余裕があったら もう一回観たいと思いました。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »