2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2008年12月14日 - 2008年12月20日 | トップページ | 2008年12月28日 - 2009年1月3日 »

2008年12月26日 (金)

クリスマスでした。。。

世間は華やかにクリスマスです。
が、「どこがクリスマス?」というような日々です。
さて昨日24日に初日を迎えた 真矢みきさん主演舞台『シャリトーベルサイユ』
初日前のリハーサルを撮影させていただき、
本日はカメラを持たず一観客として観劇させていただきました。
まだ千秋楽まで時間があるので詳しい事は書けませんが
真矢みきさんのまた、新たなる扉が開かれた!!!そんな気がいたしました。
笑いのセンスは抜群、女優真矢みきさんが演じる男装のステージは
現役時代を思い出させながら10年の封印を解いた上での新しい男装でした。
的確に表現出来ないので申し訳ないのですが、
お芝居は、リハーサル撮影中から私は声をあげて笑う事多々で、
純粋にとっても楽しい舞台でした。
その他の役者さん達の熱演とダンスも必見です。
というわけで、今日はWちゃんと助っ人Nちゃんと観劇後、オシャレなお店でティータイム。
こうして私のクリスマスは、無事に終わったのでありました。

2008年12月23日 (火)

女子高生の夢

ほんの数日前、ハンズでふらふらしていたら例の酒豪編集長Sちゃんから電話。
「なんなの、直々?」と私、すると「22日空いてますか?」
まっ、これがSちゃんの常套手段なのでありますが、よくよく話を聞いてみると
私たち大人が、女子高生の夢を叶えるお手伝いをしようという企画なんです」と意味深に語り始めたSちゃん。。。。たまに笑いも含んでおりましたが。
「・・・っていうかさ、Sちゃんの頭の中には全く皆無な発想じゃないのよ?その企画(笑)」
というわけで、本日、とある女子高生の夢を叶えるため、その彼女が会いたいと切望している
某有名指揮者の方とご対面&対談となりまして、その取材撮影に行って参りました。
取材前、Sちゃんには「女子高生を可愛く撮ってくださいよぉ」と念をおされましたが
「限界はある」と私はこたえ、Sちゃんの撮影スケジュールメールの最後には
間違ってる大人Sと書かれており、
まぁこの企画はとても純粋で美しいのでありますが
なんたって動いてる大人が濁ってて真っ黒な間違った大人達なので、どうなることやら。
さて今日、急遽取材場所に集合したライターのMさんと私。
Sちゃんに遠くから「間違ってるおとな〜〜〜〜」と呼びかけられ、
散々お互い罵倒しながら「悪魔か!?おまえは・・・」なんて軽い大人の会話をしながら
純粋無垢な女子校生の夢を叶えるために頑張ってきたのでありました。
会いたいと夢にまで見た人との対面はかなり劇的で、女子校生興奮してました。←美しい!
そんな姿を、心をさらにきれいにしまして、純粋に撮影して参りました。
本日は、リサイタル本番の忙しい最中にも関わらず指揮者の方も女子校生と熱心に話をされていて
「女子高生の夢、叶えるお手伝いができたわ、わたしたち!!」と
私たち間違った大人3人は、かなりご満悦でした。


2008年12月22日 (月)

牛まみれ

今年ほど、年賀状の準備が進んでない年は無いような気がいたします。
まっ、性格的にコツコツタイプではないので、
気が向いて切羽詰まらないと動かないのですが・・・
さて、毎年お世話になってる方々、友人知人はご承知のはずなのですが、
私の年賀状は毎年、とてもわかりやすい年賀状です。
一応!?カメラを生業としていますので基本は自分の撮影した写真で年賀状を作ります。
というわけで、来年は何も迷わず「牛」ですね。。。
時間と余裕があれば、遠く北海道とか行きたかったのですが、なにしろ時間がありません。
なので、超近郊、八王子のとあるファームへ行って牛を撮影して参りました。
とても美しいというシチュエーションではなく、牛達も自由に放牧されてるはずもなく
檻の中にひしめき合って、つねに餌を食べ続けていました。
そんな食事中の牛を私は超接近して撮影しておりまして、
牛にすごい鼻息を吹きかけられ、レンズをぺろりとなめられたりする事多々。。。。
「ちょっとキモイ」と内心思いながらも、必死感が牛にも、
そして周りの全く見知らぬ人々にも伝わり、
親子連れには、「牛と一緒に記念写真を撮って」と頼まれ←たくさん撮っちゃいましたよ。
また若い学生さんには「ブログで牛ばかりを撮られてる方ですか?」と真顔で聞かれ
「違います」と答え(っていうか、牛撮るの初めてなんだけど私・・・・・)
でも牛には多少気持ちが通じたかもしれず(、、なわけないか?)
切ない視線を牛からゲットいたしまして、今年の年賀状もなんとかなりそうです。。。

_dsc0964

2008年12月21日 (日)

一筋の汗

本日20日は、真琴つばささんディナーショー本番当日で
昼の部と夜の部を撮影させていただきました。
拙い言葉ではありますが、一言。
感動しました。
マジで感動してました私。
いつも書いていることですが、
真琴さんのエンターテイメントな真摯な姿、
ファンの方達を心の底から楽しませるサービス精神、
全てにおいて心のあるステージでした。
MCトークは、ハチャメチャ感あり、爆笑ありで会場は多いに沸き
後半は、ご自分の夢や同期の方達の話、そしてこの夏 演じた
坂本龍馬の話などをちょっと真面目に話されてました。
真琴さんのトークを聞いていて
真琴さんの言葉には、つくろったり、飾ったりという事がありません。
全く嘘がないんだと・・・・
心の底から真の言葉で思った事を話されてるんだと感じました。
だから歌ってる姿や額の一筋の汗や後ろ姿に
私は純粋に感動していたのだと思います。
いろいろ書きたい事はありますが
私のボキャ貧でボロが出る前にこの辺で。。。。

今回は、後方スペースを抜け出し会場サイドからも撮影していた私。
スポットライトにあたり熱唱する真琴さんの横顔、、、、
一筋のキラリと光る汗。。。。。
そんな一瞬を偶然なのか必然なのか必死でシャッターを切り、
カメラマン的にかなり「キターーーーーーっ!」というカットが撮れたのでした。
「キターーーーーーっ!」という写真は、なかなか無いものなのであります。

« 2008年12月14日 - 2008年12月20日 | トップページ | 2008年12月28日 - 2009年1月3日 »