« いずれ大女優 | トップページ | ゴージャス »

筑波山

超睡眠不足のまま、昨日早朝から茨城県へ。
2日連続の取材なので1泊してきました。
体力はかなりある方ですが、
睡魔に襲われながらの運転も不安なので、
「ここはどっぷり茨城に浸ってみよう」
なんて思いながら、近くて遠い茨城を満喫して参りました。
緑豊かな自然、露天風呂、ローズポーク
自然農園の無農薬野菜、
天然酵母にこだわるパン屋さんなどなど
人は皆、のんびりとして優しく、農家の方からは、
持てないほどの茄子やゴーヤをいただき
皆様とてもWelcome。。。
撮影も非常にスムーズでありました。
特筆すべきはやはり筑波山です。
筑波山は男体山と女体山の二峰が連なる
由緒正しき山でありまして
地元ライターのAちゃんと私は、ハイキング気分で
けっこうルンルンでありました。
まずはロープウェイで女体山山頂まで行き
徒歩で下り、それから男体山を目指す事に。。。
女体山山頂行きのロープウェイでは貸し切り状態、
が、はしゃいでたのも束の間、山頂までの数分の歩きで
すでに雲行きが怪しくなってきたのでした。
とりあえず、女体山山頂で撮影。
山頂はガスってて絶景とは言えませんでしたが
山頂気分を満喫、見知らぬ人とすれ違うたび、
「こんにちは」なんて挨拶なんかしちゃって
すでに登山者気分の単純な私でありました。
さて帰りの下り、1.8キロ弱の山道は
予想以上に厳しい道のりで、まるで修験道のように険しく
岩と岩の間を一つ一つ転ばないように歩くのが精一杯。
それはそれは、すざまじい道のりでした。
冷や汗まじりの大量汗、カメラ持つ手もふるえがち。
「なにが女体山だよぉ、全然女体っぽくないじゃん !
まるで鬼山だぁ」と半泣き気味で、
この険しき道を足、ガクガクになりながら
必死な形相で下ったのでありました。
でも険しいだけあってAちゃんも私も達成感はありました。
その後、男体山にはケーブルカーで往復。
棒の様な足を投げ出し、観光気分。
手打ちそばを食べ、筑波山神社に拝礼し、
清らかな気分になりまして
この2日間の茨城取材第一弾、無事に終了したのでした。

手前が女体山

_dsc1040

険しい道のり

P1040128

ケーブルカーで男体山山頂へ


_dsc1083


|

« いずれ大女優 | トップページ | ゴージャス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます!!
嬉しいですね〜
舞台も、楽しみです〜
みきさんに期待大ですよ。。。

投稿: ヨシハラ | 2008年9月 4日 (木) 午前 01時06分

こんばんは。

吉原さん。以前撮られたみきさんのポスター
拝見しましたよーーー。
舞台ポスター公開になりました。
すっごいカッコいいです!
ファンの間ではこの言葉が飛び交い、
更に虜状態に(笑)。

私の中では今は多少、「女優」と言う言葉がイメージに
付き気味でかつての「男役」としてのみきさんとして
見れない部分もありますが、10年経って、
本当に「男役・真矢みき」と呼べる事が出来るのは
嬉しいことです。

投稿: 紫陽花 | 2008年9月 4日 (木) 午前 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197493/42372732

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山:

« いずれ大女優 | トップページ | ゴージャス »