2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

いきなり雀荘

香港取材も終盤戦、日々、頑張ってます!?
「ほんとわかりやすいわね・・・・」とおかちゃんに言われ、
興味津々なものと、それなりのものを撮影している
私のテンションの上り具合、下がり具合が激しいらしく、
「ストライクゾーンが狭すぎる!!!!」と叱られております。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、今日は土曜日という事もあり、街にはかなりの人。
日本人はあまり、見かけないけど、
大陸からの中国人や韓国人、欧米人はたくさんいます。
とにかくいろんな人種の人たちがいっぱいで、
毎年思う事ですが、
「この格差社会というのは、いったい何なんだろう?」と
すごく考えてしまうわけです。
さて、今日のお昼は、昔ながらの飲茶のお店に行きました。
ワゴンで飲茶を売りにくるおばちゃん、
大声で楽しそうに食事している香港の人たち、
まさに喧騒、香港な感じでありました、、、
おかちゃんも私も、いつもの用に多めに注文、
たらふく食べました。
まっ、私たちは、取材後タクシーに乗ればすぐ爆睡、
「疲れた疲れた」といいながら、元気な2人です。
そんな私たちの隣の席では、
初老のおじさんたちが4人やってきて
今まで食事をしていたテーブルが、
あっという間に麻雀台に早変わり。。。
「おいおい!何が始まるんだ?」と思う間もなく
私たち以外の周りのほとんどのテーブルが麻雀台にかわり、
知らぬうちに、いきなり雀荘。。。。
大きめのマージャン牌が運び込まれ、
いろんなところでジャラジャラジャラ
突然の出来事におかちゃんも私も大喜び。
おじさんたちには、「一緒に麻雀しよう」と声をかけられたけど
丁重にお断りして、写真を撮りまくってまいりました。
「こんな光景なかなか無いよね」
香港のいろんな顔、見た気がします。
計り知れない、香港です。
_dsc0501

2008年3月27日 (木)

シャングリラァ〜〜

香港に来て今日で6日め。
まぁ、毎日さまざまな事が起こっております。
何度も来ている香港!!
さほどの事では驚きませんが、昨日は、かなり衝撃でした。
香港のおばちゃんのパワーに圧倒され、
レンズを向ける、私が動揺してどうする???
少々長い話になるので、これはいずれ・・・・
さて、昨日までの3泊は、タイアップ取材撮影ということで
シャングリ・ラ ホテルに泊まらせていただいておりました。
カオルーンシャングリラに2泊、
アイランドシャングリラに1泊、
ゴージャスで優雅な気分満喫です。
53階、全面ガラス張りのハーバービュー、絶景なり。。。
何も考えずにただただボケ〜〜〜〜〜〜っと、
のんびり、まったりしていたい私たちではありますが、
そんな事が許されるわけも無く、毎晩2時過ぎまでお互い仕事。
おかちゃんは、東京でしていた仕事をそのまま香港に持ち込んで
部屋にあるプリンターをここぞとばかり使いたい放題。
自宅で仕事するより環境が良いと感動しております。
私も毎晩データ作業、こつこつタイプではないので、
毎晩仕事してるといっても、
全くもって完璧ではないわけで、終わるはずが無いのです。
さて、そんな優雅なシャングリ・ラーの一夜、
おかちゃんが、物撮り用の商品を大量に購入。
素敵なお部屋も一瞬にスタジオとなり、結局3時過ぎまで撮影。
そのあまりに多い物撮り商品をベットの上に並べ、
喜んでる間抜けな私たち、
少々おかしくなり始めております。
異国で、なんだか変な羽を伸ばしてしまってる私たち、
毎年恒例の北京ダックだって、担々麺だって、
絶対に食べに行きたいっ!!
香港後半戦も、ガンガン進みます。


_dsc0016_2
_dsc0016_3

2008年3月20日 (木)

しばし逃亡・・・・・

逃亡気分ですが、逃亡ではありません。
明日21日から2週間ほど、香港へ行ってきます。
遊びではありません、
ちゃんとしたお仕事です、撮影・・・です。
昨年同様、超珍道中仲間のおかちゃんと
魅惑の香港の旅。。。
何が起こるか、楽しみではありますが、
いってきま〜〜〜〜〜〜〜〜〜す!!!

「音羽の森」

今日は、牧瀬さん事務所に上がりの納品、
撮影した上がりを見ながら、
デレクターのHさんや、スタッフさんと談笑。
お世話になっている事務所の社長、
そして牧瀬さんマネージャーのKさんも加わり、
「この写真がどうだあぁだ」と楽しく話して参りました。
撮影した写真の上がりに関してカメラマンはもちろん、
デレクターさん、マネージャーさん、
いろいろな人達の意見を聞くのもお勉強。
そうして、作り上げていくのは、
私にとって、とても貴重な時間です。
撮ってすぐ終わりになりがちですが、
やっぱり、いろいろな意見は聞きたいし、
編集さんや、デレクターさんの意見、感想、
どんどん聞いていきたいと思っています。

さて・・・・・
先日、慌ただしい取材の中、撮影に行ってきた
オーベルジュ「音羽の森」
美味しいディナーをいただいたので
ちょっとそのご紹介!!
とうぶん、優雅にフレンチなんて食べられないので、
視覚だけでも堪能したいのであります。


_dsc0086
_dsc0079
_dsc0114
_d2x0454

2008年3月18日 (火)

年季の入った椅子

ぽかぽか陽気の日曜日、
広尾にあるとてもおしやれなハウススタジオで撮影。
なんの撮影かと言いますと、
去年の秋にも撮影させていただいたのですが、
牧瀬里穂さんデザインの洋服
『Sucre per Riho』
今年の初夏に発売予定の商品を
牧瀬さんが自ら着用、自らモデルさんになって、
8パターンほどいろいろなシチュエーションで
撮影して参りました。
スタッフの方達が、今回たまたま全員女性、
スタジオチャン達も二人入ってくれたのですが、
こちらも可愛い女の子達で
まぁ皆様明るく元気な方達ばかりで
もう朝から笑い声が聞こえる楽しい現場でありました。
ヘアメイクのYさんは、
今回初めてお仕事させていただいたのですが
実は、とても有名な方・・・・・ですが、
ホント気さくでテンション上げていただきました。
牧瀬さんも卵の様なツルツル肌で美しく、
いつも明るくニコニコで、毎度の事でありますが
たくさん助けていただきました。
この牧瀬さん撮影チームの皆さんは、
お昼のランチに命をかけると言う、
私的にかなり最高強力チームで、
こういうスタッフの方達と
仕事させていただけてる事に、とても感謝しております。
撮影後半には、牧瀬さん事務所の社長、副社長も来られ
またまた明るさ倍増、撮影も活気づき、
フリーの一匹狼で今まで仕事してきた私にとって、
なんだかとても暖かいものを感じ、
幸せ感な中、心地良く、気持ち良く撮影して参りました。
牧瀬里穂ブランド『Sucre per Riho』
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて月曜日は、TVナビの仕事で、
宝塚の凰稀かなめさんを撮影して参りました。
今回は、編集のHさんが札幌出張で来られなかったので
Fさん登場、徹夜明けでヘロヘロな上、
携帯を忘れて取りに帰るというアクシデントに
見舞われながらも、取材時間ギリギリでやってきました。
Fさんとは、もう10年以上の付き合いで、
自分たちでゴールデンコンビと言い合ってる私達であります。
(あっ、自分たちでね・・・勝手にね)
今まで、さまざまな取材現場で笑える話、
おもろいネタを多々作ってきた私達なのです。
詳細は、とても書けませんが、
今回もまた楽しい取材撮影になりました。
さて、凰稀かなめさん、本当に美しい人でした。
きちんと撮影するのは今回が初めてだったのですが
撮影は、ちょっとおしゃべりしながら、自由に楽しく、
ナチュラルな感じと、ちょっとキメた感じで3パターン撮りました。
今回は、撮影用にと椅子を持参。
実は、この椅子、数々のスターさんが座った年季の椅子なのです。
すかさずFさん「あらっ、今日は椅子持ってきたの?」
広報のIさんも「ほんとだぁ」と少々驚き顔、
笑う私でありました。
凰稀かなめさん、立って撮影した後に、
この椅子に座ってもらいましたが、
私なんかが座るのとは大違い、
長い足が、遠くまで伸びておりました。
撮影終了後、私達に笑顔で挨拶されて
帰られた凰稀かなめさん、
Fさんと私、
ある意味、また思い出を1つ増やしちゃいました。

_d2x0005_3

2008年3月15日 (土)

豪華絢爛

すでに日付は変わってしまいましたが
昨日13日は、雪組の水夏希さんを、
水さん撮影後は、葉山でオーベルジュを、
そして今日は朝から本拠地宝塚まで行き
月組の瀬奈じゅんさんを撮影させていただきました。
昨日からめまぐるしく動いていた2日間ではありましたが
超豪華絢爛な取材の旅も無事に終了しようとしております。
さて昨日の水夏希さん。
水さんを撮影させていただくのは、
今まで何回もありましたが、トップになられて始めての撮影。
私自身とても楽しみにしておりました。
早めに到着した私は、
楽屋口で担当のWちゃんを待っていました。
すると、入ってこられたのは、なんと!水さん、
朝なのに元気な水さんは、サングラスを外す姿もキマッてて
ボケーっとしていた私は、一瞬にして高揚。
「ヨロシクお願いしま〜す」
そう声をかけてくださった爽やかな水さんに深々と
「こちらこそよろしくお願いします」
ただただ頭を下げるしかない、おバカな私でありました。
さて撮影は、といいますと今回はちょっと趣向を凝らし
(といっても全くたいした事ありませんが)
インタビュー中は同席せず、ひたすらライティングを考えて
カメラスタンバイ。
合間には、広報Iさんとベラベラと立ち話。
そしてIさんとWちゃんにモデルになってもらい
ライティングテスト。
なんだかこの二人、楽しげに撮られておりましたよ。
なかなか雰囲気良く撮れそうなんで、私は水さん待ち。
インタビュー終了後、笑い声と共に水さん登場。
撮影中の水さんは、相変わらずの私のレベル値低〜い質問や
感想に笑いながら気さくに答えてくださいまして
Wちゃんもライターさんも広報のKさんもみんなでゲラゲラと
すっごいフレンドリーにその場がなっていて
なんだか1つのチームとなって
水さんを撮影してたという感じでした。
キメのバストアップも立ち姿もカッコ良く、
皆から「カッコいい〜」とためいき、
シャッター切るたびにテンポよくポーズ変え
そしてそれがまたスカッと決まり
私的にもかなり「きたよきたよ」という写真が撮れました。
そんな和やかムードで取材撮影無事に終了。
水さんも皆に挨拶し笑顔で帰られました。
撮影後、Wちゃんと ライターさんと軽いランチをして
私はお先に失礼して次の現場、葉山へ直行。
久々のオーベルジュ撮影です。
天気もよく海沿いを気持ち良く走りぬけ、爽快な気分で
オーベルジュ『音羽の森』に到着。
部屋から見える海は絶景で、
何もしないで、ひたすら
ぼんや〜〜〜〜〜りしたかったのでありますが
現実は厳しく、またしても休む間もなく撮りまくり、
担当N氏と撮影ポイントや構図について多々言い争いながら
ぶつかり合いながら、言いたい放題の私達・・・
険悪になりそうになりながらも、大人の対応。
まっ!口は悪くてもお互いぶっちゃけ、
何でも言えるという事は良しとして
『音羽の森』さんでの撮影を頑張って撮って参りました。
嬉しい事に、美味しくてセンスあるディナー
プロヴァンス風フレンチフルコースをいただき
N氏も営業のSさんも私も感嘆しながら大満足。
ディナー後に料理撮影をしたので全て終了したのがは22時半。
N氏とSさんは今夜は優雅にお泊まりで、
私は翌日の宝塚出張があるため
一人寂しく都内へと戻って参りました。
家に辿り着いたのは、午前0時を過ぎておりました。
さて本日14日は、月組の瀬奈じゅんさんです。
初日前の貴重な時間をいただき、取材撮影となりました。
Wちゃんと早朝新幹線内で待ち合わせ。
二人とも前夜仕事であまり睡眠が取れていないのにも関わらず
最初の1時間は弾丸トーク、ですが、さすがに疲れたのか
知らない間に二人とも寝ておりました。
さて瀬奈じゅんさんです。
取材先に早めに到着したので、
撮影場所をWちゃんと二人で決め、
「いつもとは違うところで撮りたいね」ということになり
エレベーター近辺で試し撮りなんか、
あぁだこうだしていると、
そこにまたまた瀬奈じゅんさん登場!
私達の顔をみるなり「あっ!」気付かれ軽い会釈を。
ここで私達のボルテージがぐぐぐーーーーーんと上昇。
「ここで撮っても大丈夫ですか?」すかさず聞くと
コクンとうなづいて「全然」とすんなり瀬奈さん快諾。
相変わらず素もかっこ良い瀬奈さんでした。
さて短い時間ではありましたが、インタビューもすすみ、
最後に決めカット、今回は2パターン撮らせていただきました。
いつもの事ではありますが
私の興奮冷めやらぬ質問と感想に瀬奈さんも笑いつつ
ME&MY GIRLのビルやランベスウォークの話をしてくださり、
断然楽しみになった私達です。
私のバカ話は止まらず、なかなかシャッターを切らないので
瀬奈さん、笑いながら「わかった(笑)わかった(笑)」と
あのにっこりスマイルで撮影を促されていた私です。
1カット目、少々上目から撮影したのですが、
瀬奈さんは、私のレンズを見上げる事になり、
全てのカット、どれも違う瀬奈さんの色そして表情、
それはそれは、キマっておりました。
そして最後は、立ってキメカット。
私の注文にも素早く対応してくださり、
そのスマートな動きに感動、
こちらも、またかなり素敵でした。
一瞬にして自分の世界を作り上げる瀬奈さんは、やっぱりスゴい!!
撮影する度に、思う事ですが、
レンズを見る目の力がとても強い人です。
短い時間ではありましたが、私の中でも心に残る瞬間でした。
ME&MYGIRLの初日に向け、
瀬奈さんの意気込みを感じた私達、
「ご観劇、お待ちしています」
そう言いながら私達に笑顔で挨拶され颯爽と帰られました。

さて今回、湖月わたるさんからはじまって、
水夏希さん、瀬奈じゅんさん、
合間に葉山へのオーベルジュ、オシャレなお宿撮影、
豪華絢爛な取材の旅、
とても楽しく超充実な3日間でありました。
皆々様に心より感謝感謝・・・・

2008年3月12日 (水)

飛んだ!!!

今日は4月4日から始まる舞台
『カラミティ・ジェーン』に主演される
湖月わたるさんを撮影させていただきました。
退団されてから本当にたくさんのご縁があって
なんとも嬉しい限りです。
撮影場所は都内のお稽古場、
ライターさんと私は早めに着いたので
プロデューサーのWちゃんを待っておりました。
ちょうど、その時、
わたるさんもマネージャーさんと車で到着。
車の中から私達に気づいてニッコリ・・・
そんな一瞬で私達取材陣のテンションも高まります。
颯爽とコーヒー片手に現れたワタルさん
「また背伸びた?」
私のお約束なバカげた挨拶に
力強く「伸びないって・・・・」
しっかりツッコミ入れていただきました。
ライターさんは、わたるさんと同郷という事で
インタビューもかなり盛り上がっておりました。
さていつものように
インタビュー終了後にキメカット。
ちょいちょい私のくだらない話に
応えていただきたながら
赤いドアの前でキメキメにカット良く、
カラミティジェーンな感じで撮影!?
その後Wちゃんのリクエストで全身カットも
スレンダーな感じで撮影してきました。
被写体である、わたるさんのリズムに
私もうまく乗る事ができて
とても心地よく撮らせていただきました。
取材撮影も無事に終了。
私はせっせと片付けを、Wちゃんとライターさんも
ワタルさんと周りのスタッフさんにご挨拶。
私の片付けが済んだ頃には完全撤収。
皆様お稽古場に戻られておりました。
私自身いつも、あんまりしないことなんですが
すでにお稽古場の奥に入られたワタルさんに
どうしても挨拶したく、声だけでも聞こえればいいと思い
わたるさんの姿は見えなかったけど、大きな声で
「ワタルさん! それじゃまたぁ」と挨拶。
マネージャーさん、関係者の方達がニッコリ会釈してくださり
失礼しようとした時、ワタルさん
忙しいのにわざわざ出てきてくれました。
それも勢いよく走って・・・・
数年前の運動会で走っていた、あの勇姿!
まさに飛んでる感じでありました。
「飛んでる・・ワタルさんが飛んだっ!」
心の中で私、つぶやいておりました。
満面の笑みで手を振ってくれたわたるさん、
小さな事かもしれないけど、
こういう事ってすごく私には大きい事で
なんだかとても嬉しかったです。
さてライターさんと現場で別れ、
Wちゃんと今日から始まる
3日連続の取材撮影の打ち合わせを兼ねて
新宿のホテルで豪華なランチ。
ほとんど仕事の話はしませんでしたが、
相変わらずゲラゲラ笑いながら楽しい時間を過ごしました。
14日までの取材、楽しみになってきました。。。


2008年3月11日 (火)

東京タワー

今日はすっかり春めいて、とてもいい陽気でありました。
車の中は、かなり暑いです。
窓全開にするほどでもなく、かと言って閉めて走るには暑い、
微妙な陽気であります。
そんなぽかぽか陽気な今日、
またもや再会、大好きな真矢みきさんを
都内のスタジオで撮影して参りました。
春らしい装いで軽やかに楽しく、
スタジオに流れる音楽にノリながら撮影。
1カット撮り終えて、
「ちょっと動きのあるカットを撮りましょう」という事になり
風を吹かせつつ、いろいろな角度からピューピューと、
アシスタントちゃんは、必死で頑張っておりましたが
みきさんには、風にノッて軽快に動いていただき
私は三脚からカメラを外してアクティブに!?
『自分も動いてどうする?』そんな事を内心自問自答しながら
みきさんと共に軽快に撮って参りました。
とても楽しい撮影でした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、昨日は、またもや、ホテル取材。
取材ホテルは、私のお気に入りホテル、
品川にある、パークタワー東京 プリンスホテルです。
以前、朝澄けいさんのライブショーが行われたホテルで
思い出もあり、とても好きなホテルの1つです。
私達が撮影したお部屋は、
東京タワーが目の前に見えるお部屋で
ライターのCちゃんと私、
「こんなに間近で東京タワーが見れるなんて」と大感激。
撮影終了後には、この絶景なお部屋で
暖かい紅茶とフレンチトーストをご馳走になり、
優雅な時間を過ごさせていただきました。
「このホテル取材が終わったら
ゴージャスホテルで打ち上げをしましょう!」
Cちゃん、頼むよ!!!!


_dsc0717

2008年3月 9日 (日)

Bagel4月号

Bagel4月号が発売になりました。
今回もまた、撮影をさせていただきましたが
実は撮影日当日は、前夜から雪が降り、
外は銀世界一色でありました。
撮影をしていた都内のハウススタジオでは、
ストーブがガンガンついておりましたが、
春らしい雰囲気で撮影、
特集ページもクラシックバレエな みきさんを
スタッフ皆さんの暖かい雰囲気の中、
みきさんのしなやかなバレエ姿に感動しながら
優雅な感じでシャッターを切っておりました。
この日は、みきさんの誕生日目前、撮影終了後
編集部の方が花束とトシヨロイヅカのケーキを
みきさんに内緒でプレゼント。
みきさんは、大喜びでありました。
そのトシ・ヨロイヅカのケーキを前に
スタッフみんなでみきさんを記念撮影。
もうメイクのNさんも、そのアシスタントさんも
スタイリストさんも、そのアシスタントさんも、
編集さんも、ライターさんも私のアシスタントちゃんも
なんだかみんなで必死に携帯やコンパクトカメラで撮影。
さすがの私は、携帯カメラは遠慮させていただき
お遊びカメラで激写の激写。
こんなにスタッフみんなに愛されているみきさん、
本当に素晴らしいです!!!
みきさんは、そのあとすぐにインタビューに入られましたが
私達スタッフは、「すご〜い、トシ・ヨロイヅカのケーキだぁ」
みんなで、美味しくいただきました。
御馳走さまでした。

Rimg3913
Rimg3772

2008年3月 8日 (土)

おねぇまん

最近こんな呼び方をしますよね、おねぇまんの方達のこと。
おねぇまん、私は好きですね〜
学ぶ事多々あり、私なんかより断然女性らしく、美しい。
さて昨日7日の金曜日は、
20歳のおねぇまんを撮影して参りました。
初対面で、最初見た感じは、ジャニーズと言われても
全く違和感ないくらい端正な顔だち。
ご挨拶をしてみると、物腰柔らかく穏やかな口調。
いい感じでありましたね〜〜〜〜〜〜〜〜
撮影スタッフは、全て年上の女性達なので
皆、彼を目の前に
「肌がきれい〜〜〜〜」だの「かわいい〜〜〜」だのって
大騒ぎでありました。
彼は、すでにお仕事でお店に出ているそうですが、
普段はお化粧等はしないとのこと、
なのですが、スタッフ全員
「ちょっと口紅でもぬりましょう・・・」と一致団結。
結局、髪型から少々のお化粧等を
おねぇさま達がウキウキしながらスタイリング、
大満足な容姿に変身。
撮影中も恥ずかしがる彼を、また喜ぶ私達でして
盛りあがりながらも楽しく撮影して参りました。
そんな、おねぇまんの彼は、常にレディファーストな姿勢で
私達をさりげなく気持ちよくさせ、
とても気持ちのよい好青年でありました。

2008年3月 7日 (金)

ホテル

昨日6日は、渋谷とお台場でホテルの撮影をして参りました。
ホテルといっても
女性に喜ばれるスタイリッシュでお洒落なホテル、
「ビジネスホテル以上シティホテル未満・・・・」
そんな企画で取材が始まりましたが
2つともかなりお洒落なホテルでありました。
特にお台場のホテルはまだOpen前なのですが
モダンティスト、重厚感だけどお値段も納得。
室内のインテリアも、品があり居心地満点。
私もライターさんもテンション上がりまくり
かなりのカット数を撮影して参りました。
広報さんもとても感じ良くOpen前なのに
各お部屋、レストラン、ラウンジなど、
いろいろと見せていただき、またもや私
「仕事でなくて遊びで来た〜い」
そんな事を頭の中でチラリと思いつつ、
ゴージャスなお部屋やアメニティ、お風呂を撮影。
お風呂は、きちんとお湯をはり、湯船に落ちそうになりながら
天井に頭をガツンとぶつけなから
自分が頭をぶつけた天井も『記念だから』と撮りまして
お風呂場からの景色もなかなか乙なもの、
お台場では、3時間以上撮影しておりました。
お台場のホテルは「ホテルトラスティ東京ベイサイド」
3月下旬Open、若い女性にはおすすめです。

_dsc0637
_dsc0837

2008年3月 4日 (火)

ひな祭り

今日は、白羽ゆりさんを撮影して参りました。
3月3日 13時半公演終演後、
いつものように楽屋受付で広報のIさんを呼び
機材をゴロゴロしながら取材場所へ.
3/3のひな祭り、そして終演後ということで、
劇場入り口に飾ってあった おひな様の片付けをしていて
「だよね〜〜今日のうちに片付けなきゃだよね〜〜」
なんてIさんといいながら撮影場所を決め、
最近の話なんかをしながらちょいと談笑。
編集のHさんを待っておりました。
さて、白羽ゆりさん、美しく感じの良い人です。
私は、たぶん今回で3回目くらいかと思いますが、
とても気持ちよく撮影させていただきました。
娘役さんの撮影というのは、最近では久しぶりで、
やはり男役のスターさんとは、ちがう心意気で
私も撮っておりました。
レンズの奥の白羽さんは、やはり美しく奇麗で、
思わず賛美の声をあげていた私であります。
白羽さんは、私のくだらない話にも、意味不明な質問にも
ご自身撮られながら、レンズをみながら
丁寧に応えてくださり、ほんと、有難いの一言です。
感じのいい人って、いいですねっ。
3月3日、白羽ゆりさん撮影
まさに今日は、良いひな祭りでありました。

_dsc0474

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »