« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »

大和悠河さん初日会見

さて本日、東京宝塚劇場で初日を迎えた
宙組、大和悠河さんお披露目公演の
囲み会見に行って参りました。
研一から、その類い稀な美貌と容姿で注目を浴び続け
我々取材陣には常に謙虚で真面目な大和さんが
「とうとう出身地東京でお披露目とは!」
やはり感慨深いものがあります。
思えば一昔前、久世さんがトップの頃
本拠地宝塚で稽古場の撮影をさせて頂いた時、
大和さんはまだ下級生で大きな瞳をキョロキョロさせ
全ての動きに全神経を張ってるようでした。
私達取材陣が一通り撮影を終え
稽古場から退散しようとしたまさにその時、
スゴい勢いで走ってきてドアを開けてくれた事がありました。
その素早さに驚いた記憶がいまでも鮮明にあります。
その後も何度も撮影の機会があり
一歩一歩着実に前進してきた大和さんを
誇らしくも又嬉しく感じておりました。
今日、会見場に現れた大和さんは
まるで劇画から抜けでた王子様でありましたね。
ピカピカ着てたし!
また囲みの会見では真面目な大和さんらしく
記者さんの質問に笑顔を交えながら
言葉丁寧に真摯に答えおりました。
「誠心誠意」そんな言葉が似合う囲み会見でありました。
まだまだ出発したばかり、
ヤングパワー全開で突っ走っていただきましょう。
この会見の模様は宝塚プレシャスで近々UPの予定です。
お楽しみに!!
プレシャス榊原和子の初日観劇レビュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬奈じゅんさんを撮影2

昨日、まさにお盆の真っただ中、
イベントプロデューサーWちゃんと
宝塚大劇場まで行ってきました。
月組トップスター瀬奈じゅんさんの取材撮影です。
当日の朝、東京駅で待ち合わせをした私達でしたが
Wちゃんのメールには
「人身事故で電車が遅れてるから間に合わないかも」
そんなメールに私も愕然、
お盆と言う事で新幹線のチケットが全く取れず、
Wちゃんが苦心してとった貴重なチケットだったのです。
とにかく無事間に合うのを祈るのみ。
そういう私も前日、1日中炎天下での撮影後、
帰路東北道サービスエリアで軽い接触事故勃発、
もう心身ともに疲労困憊状態であったのです。
しかし発車寸前滑り込みセーフで
車内に乗り込んできたWちゃん、
ホッとした私、二人とも疲れきっていて顔色は土気色、
でもとりあえず一安心です。
3時間の旅なのだから疲労回復のため休めばいいものを、
又、例のごとくしゃべり続ける私達。
昨夜の接触事故で「悪い気があるからお祓いをしてあげる」と
キーケースについてる鈴を私に向かって
チリンチリン振るWちゃん
(もちろん冗談ですが)そんな馬鹿な事をしながら
寝る暇もなく、あっ!という間に大阪到着です。

さて瀬奈じゅんさんです。
Wちゃんの仕事ではでトップになられて今回で3回目の撮影、
終演後というのに、爽やか少年のように颯爽と登場。
スタッフみんな、心の中で
「かっこいい!!」と呟いたに違いありません。
今回は2媒体掲載なのでインタビュー前と後で2パターン撮影。
まずは、最初に椅子の肘掛けに軽く座っていただき
決めで1カット、立って1カット。
とにかくすごいオーラでありました。
カメラの前にいる瀬奈さんは、
レンズを構えてる私が圧倒されてしまうくらい
強い力がありました。
このカットは、とにかくかっこ良く撮影、
どんなカットでもかっこいいのですが、
それでいてナチュラル感が出るのだから、
やっぱり普通の人ではありませぬ。
その後、瀬奈さんはインタビューを受け、
私は2パターン目のカット撮影のためのセッティングの準備。
インタビューも和やかにすすみ、
時たま笑い声が聞こえる良い雰囲気でありました。
インタビュー終了後、
又もや別ヴァージョンでの撮影開始です。
最初のカットの時
「あまりのスターオーラで緊張しちゃいましたよ〜〜」
そう言う私に、屈託の無い笑顔で「え〜〜っ(笑)」
この笑顔もたまりません。
さて、ラストカットは、
私の馬鹿話におつき合いいただきながらも
2パターン撮影させていただきました。
さっきまで話し、笑っていたのに
シャッターを切り始めると
一瞬で独自の世界を作り上げてしまうのだから
本当にスゴいわけです。
いつも思いますが、瀬奈さんは感覚の人、
その場の空気や相手の状況を一瞬で察知、
レンズの前では、その研ぎすまされた感覚が
ある意味、すごく心地良く、圧倒されてしまうのです。
さて撮影も無事に終了。
またもや少年のように爽やかに帰られました。
素敵でありました。。。

長い長い1日、大きな仕事をしたと
自画自賛し合ってるWちゃんと私。
劇場近辺で軽い食事を取り、新大阪では
「蓬莱の肉まんを絶対買うの!」というWちゃん、
お土産も購入し、
二人の思いはたぶん充実感溢れていたのではないかと
思います。
もう良い大人、帰りは11時半東京着なのだから
新幹線で寝ればいいものを、またまた話に花が咲きまくり、
疲れきって寝始めたのは、熱海くらいからではないかと思います。
そんな愚かな私達の姿をライターさんに
ちゃっかり撮られておりました。
こんな大人になってしまった私達。。。どうなの?


Rimg3093

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »